1154号『LOCKER ROOM』はみだしレポート
【野球 石川慎吾選手】試合時ルーティンのウラ話をキャッチ!

Hanako本誌の人気連載「LOCKER ROOM」で紹介しきれなかった写真&こぼれネタをご紹介。今回は1154号から、野球界の人気者、石川慎吾選手(読売ジャイアンツ)。

 

練習中、大きな声を出し、ハツラツとしたプレーを見せる石川慎吾選手。チームメイトの好プレーには「OK! OK!」と笑顔がはじける。その天真爛漫な姿に、見学しているこちらも自然とテンションが上がってしまいます。

練習終わりに行われた本誌取材。インタビュールームに向かうと、すでに私服に着替えた石川選手がソファに座ってスタンバイ。「お待たせしてスミマセン…」と慌てるスタッフに、「大丈夫ですよ!」と笑顔で気遣ってくれる。その爽やかスマイルに早くもノックアウト♡   

ふとソファに目をやると、大きめのバッグが置いてあり、聞けば、洗濯物が入っているとのこと。「荷物は少ないので、普段はクラッチバッグだけ。この中には、今日使った練習着などの洗濯物が入っています(笑)。クリーニングより、自分で洗うほうがいいので」

こだわり男子の一面がココでも。本誌で紹介したとおり、独特の価値観やこだわりを持つ石川選手。試合時のルーティンはネクストバッターズサークル内のバットやスプレーの整理整頓。ただし、キレイなのは束の間。すぐに散らかってしまうという。そのぼやきには続きがあった。

「昨シーズン、僕のあとを打つのは小林誠司さんが多かったんですけど、小林さんがネクストに入ると一気にグチャグチャになってる(笑)。だから、『ちょっとキレイにしてんねんから、キレイにせなーとか思わへんわけ?』って聞いてみたら『全く気にならなかった』って。他の人には重要じゃないんですよね(笑)」

貴重なウラ話、いただきました!

Birthday 1993/4/27
Blood type O
Height 178cm
Birthplace OSAKA

いしかわ・しんご/東大阪大柏原高では、3年夏に甲子園に出場。2011年のドラフト3位で北海道日本ハムファイターズに入団。16年オフに読売ジャイアンツにトレード移籍。昨シーズンは開幕一軍入りを果たす。ポジションは外野手。右投右打、背番号49。

photo:Yasunori Yamamoto(GIG)
text&edit:Naoko Sekikawa

前回のサッカー 江坂任選手はこちら。連載トップはこちら。