やわらかいシャフトの8番アイアンとウェッジをバッグに挿している大出瑞月(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<フジサンケイレディスクラシック 事前情報◇18日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,376ヤード・パー71)>
国内女子ツアー第8戦「フジサンケイレディスクラシック」の練習日。ドライビングレンジではプロたちが試行錯誤して練習をおこなっているが、今季プロ3年目のシーズンを迎える大出瑞月のショットを見ていると、黒いシャフトのアイアン、ピンクシャフトのウェッジと、さまざまなクラブが登場。
【写真】シャフトをグニャっと曲げる大出瑞月
話を聞くと、黒いシャフトを挿しているのは、8番アイアンで「2年いかないくらいの期間使っているもの。柔らかくグニャグニャしていて、シャフトの使い方を体に覚えこませる練習器具です。ショットの調子が悪いときでも"これが打てていればなんとかなる!"と思えるものですね」と、調子のバロメータを図る上でも欠かせないアイテムなのだとか。
今季はシーズン序盤に、新しくウェッジにも柔らかいシャフトを挿入。
「8番アイアンだけでなく、ウェッジでも感覚を養うために。両方ともですが、(インパクトでの)クラブヘッドの入り方が良くなるんです。ウェッジのフルショットで、ボールがフェースにしっかりと乗ってくる感触をつかめてきています」。
今季は7戦出場で予選通過1度となかなか結果はだせていないものの、現在までのトータルドライビング(※ドライビングディスタンスとフェアウェイキープ率の順位の合計をランキングしたもの)は20位で、ドライバーショットのスタッツはツアー上位に位置。自慢の練習器具でグリーンを捉える精度が上がってくれば、成績も上向いてくるはずだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

フジサンケイレディスクラシック 練習日フォトギャラリー
「生まれた時から反抗期」!?三浦桃香がイケメン弟を語る【ネクストヒロイン】
【記者の目】4年ぶりの優勝争い、不動裕理は最終日の朝に何をしたか
パナソニックオープンレディース 初日結果一覧<ステップ>
パナソニックオープンレディース 初日フォトギャラリー<ステップ>