どんなに好きな相手でも、付き合いが長くなるとやっぱり出てくる相手への不満。なかなか思い通りに進まない恋愛に「なんで?」「どうして?」とストレスを感じてしまうこともあるでしょう。


出典: https://www.shutterstock.com

そこで今回は、20〜30代独身女性を対象に“彼氏”に関するアンケートを実施! 思わず「ねぇ、聞いてよ!」と女友達にこぼしてしまった“彼氏の愚痴LINE”をピックアップしてみました。

 

■「私は悪くないのにさ…」

「ケンカしてどうしても気持ちが収まらなかったとき。親友にLINEで“話聞いてよ!”“どうして私が悪くないのに謝らないといけないの?”と一部始終を報告して愚痴ったら、少し気持ちが楽になった。」(27歳/事務)

彼氏とケンカをしたとき、女友達に一部始終をLINEで報告! 「私、悪くないのにさ……」と共感を求めてしまったことはありませんか?

心に余裕をなくしてしまったとき、話を聞いてもらえるだけでホッとするものですよね。でも、毒を吐き出したら「聞いてくれてありがとう」「○○のおかげで心の整理ができたよ」とフォローすることを忘れずに!

 

■「ありえないよね?」

「カレのことは好きなんだけど、どうしても許せない欠点があって悩んでいたとき、友達に“どう思う?”“ありえないよね?”と意見を求めたことがある。」(29歳/販売)

恋愛にははっきりとした正解はありませんが、「こうあってほしい」「こうだったらいいのにな」といった願望はありますよね。

でも、恋に落ちているとその想いが強くなりすぎて、ちょっとしたズレを認められなくなってしまいがち……。だからこそ、不満が募って正しい決断を下せないときは、“あり”“なし”の判断を友人に委ねてしまうのかもしれませんね。

 

■「自信なくなってきた」

「素っ気なくて、連絡も最低限のやりとりしかしなくなってきて不安なとき、“最近さ……”と相談がてら愚痴LINEすることはよくある。」(26歳/IT)

どんなに深い愛で結ばれていても、「ドタキャンされた」「既読/未読スルーされた」「返信が遅い」「他の女性と飲みに行った」などの不安要素が増えてくると、「私ってカレにとって何なの?」と自信をなくしてしまいがち。

そんなとき、女友達に愚痴LINEするのは、「そんなことないよ」「大丈夫だよ!」と背中を押してほしいからなのかもしれませんね。この女性も友達に「そんなに不安なら、今日会いに行ってみよう」と一緒にカレの自宅まで行って、心がスッキリしたそうですよ。

 

新生活がスタートして、恋人間において新たな不満が生まれやすいこの時期。女友達にLINEで愚痴を言ってスッキリするのも悪くありませんが、できることなら二人の溝が深まる前にゆっくり話し合いをするのがベストですよ。

【取材協力】

※ 20〜30代独身女性

【画像】

※ pathdoc/shutterstock

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ