実はまだ食べてないんじゃない?
ブームなんて関係ない!今東京で食べたい大人ラグジュアリーなパンケーキ4選

若い世代を中心に一大ブームを巻き起こしたハワイの刺客・パンケーキ!まだまだその人気は劣ることを知りません。「もう食べ尽くした」というマニアさんも「実はまだ行けてない!」というビギナーさんもにもオススメ。このお店知ってますか?見た目にも華やかなものからシンプルさが上品なものまで、バラエティ色豊かなパンケーキのお店を4店ご紹介します!

1.インスタジェニックなメニューも楽しい〈Meʼs CAFE & KITCHEN〉/銀座

〈東急プラザ〉の1階、〈メトアギンザ〉にオープンしたカフェ。みゆき通りに面した窓から日差しが差し込む、明るく開放的な空間に加え、オーストラリア料理を取り入れたフードもハイレベル。

インスタジェニックな青いお皿の絶品フワフワもっちりのパンケーキは、全部で3種類。なかでもこちらはお皿の色とべリー類、鮮やかなソースがとびきり華やか。

「ホームメイドパンケーキ ミックスベリーズ」1,180円

通常500円のデトックスウォーターがランチ時は無料になるのが、嬉しいポイント。旬のフルーツを使っていて、春はイチゴやベリー、キウイなど。ビタミンたっぷり、見た目にもかわいい。

(Hanako1130号掲載/photo:Kenya Abe, Akiko Mizuno(Brioche) text:Hiroko Yabuki)

2.〈パティスリー&ショコラバー デリーモ 目白店〉/目白

シックなカウンター席でチョコレートの香りに酔いしれる。

「ショコラパンケーキ」1,100円(税込)。

高さ4僂發里佞錣辰佞錣淵船腑灰僖鵐院璽に、温かいビターなチョコソースをたら〜り。口に含むと軽やかさだけではなく、ムチッとした弾力感やしゅわっととろけるような繊細さも。

チョコレートソースは目の前で作ってくれる。

「ショコラティエが本気でパンケーキを作ったらどうなるか挑戦したかった」と、江口和明さん。カカオのアロマにさまざまな食感が折り重なる、ふくよかで甘美な味わいだ。

(Hanako1149号P33掲載/photo : Yuko Moriyama, MEGUMI (DOUBLE ONE / New York Grill, Chant d’Oiseau GLACIER CHOCOLATIER,à tes souhaits! glace et chocolat, Serendipity 3) text : Mikiko Okai)

3.ビル丸ごとリノベーション!音楽・アート・食を発信する〈PUBLIC SPACE CAFE〉/日本橋

梁剛三さんが、築60年のビルを“NYのアーティストの住処”をテーマに改装。

シンプルで上品なパンケーキを至極の空間で。

〈PUBLIC SPACE CAFE〉
■東京都中央区日本橋本町3-2-8 
■03-6262-6476
■11:00〜18:00、月〜金19:00〜23:00 不定休 
■約15席/禁煙 

(Hanako1153号p117掲載/photo : Masato Moriyama, Tomo Ishiwatari (PUBLIC SPACE, BUNMEIDO CAFE), MEGUMI (DOUBLE ONE / ajisai street) ) 

4.オレンジの甘酸っぱさが口いっぱいに広がる。〈Kailua Weekend〉/渋谷

海を連想させるリゾート感漂う店内。カジュアルなデートにもオススメ。

カラフルなハワイアンメニューでおなじみ〈Kailua Weekend〉の「トリプルオレンジ・パンケーキ」。全粒粉のモチモチ生地を、オレンジのソース、シロップ煮、シャーベットでデコレーション。ヨーグルトムースも良いアクセントに。

〈Kailua Weekend〉
■渋谷ヒカリエ7階
■TEL03-6434-1512
■11:00〜22:30LO(日〜22:00LO) ■52席/禁煙

(Hanako1130号掲載/photo:Kenya Abe, Akiko Mizuno(Brioche) text:Hiroko Yabuki)