市販のパッケージの約11000倍を超える大きさに匹敵する日本最大のレゴシティ登場

写真拡大

ブロック玩具のレゴジャパン株式会社は、大人気レゴシティシリーズの世界観を実際に体験することができる「超巨大 入れるレゴシティ」を、全国4カ所で初めて開催する。第1弾は、二子玉川ライズに4月19日(木)から4月22日(日)までの4日間限定で登場する。

【写真を見る】全部で6つの楽しく遊べるコーナーを展開

「超巨大 入れるレゴシティ」は、通常販売されているレゴシティシリーズの世界観を実際に体験できるよう、そのまま巨大化した施設。市販されているレゴシティシリーズのパッケージの約11000倍を超える大きさに匹敵する、日本最大のレゴシティだ。

この街並みを構成しているのは総数150万ピース以上のレゴブロックで、レゴシティの2018年のテーマ「ヒーローはボクだ!」を基に、レゴ認定プロビルダーの三井 淳平さんが1100時間かけて制作した。三井さんは今回のイベントに対してこうコメントしている。

「今回のジオラマで没入感をテーマに、レゴ(R)︎シティの中に入り込んだような感覚になるよう立体感が出るように色々な工夫をしました。高層ビルや高速道路など、高さのあるものがいっぱいあるので、上からのぞき込んだり、下から見上げたり、色々な角度から楽しんでいただければと思います。また、ミニフィギュアもたくさんいて色々ストーリーがあるので、チェックしてみてください。」

イベントエリア内は、今回のイベントで特別に配布する非売品のミニキットを組み立てる「くみたてエリア」や、自分でつくったマシンを使ってドロボウをつかまえて遊ぶ「スライダーエリア」など、全部で6つの楽しく遊べるコーナーを展開する。

日本最大の「超巨大 入れるレゴシティ」でレゴの世界を体験してみては。(東京ウォーカー(全国版)・篠田)