「東京キモノショー2018」東京・日本橋で開催 - 国宝級の着物展示や"黒留袖"パーティーなど

写真拡大

着物を楽しむ国内最大規模のファッション&カルチャーイベント「東京キモノショー2018」が、2018年5月2日(水)から6日(日)まで、東京・日本橋三井ホールにて開催される。

2017年には1万5千人を動員した本イベント。会場には、着物や中原淳一の人形作品の展示に加え、茶室体験や歌舞伎などのステージ等、日本文化を間近で体感できる企画を用意した。

中でも注目は、様々な種類の着物を一堂に集結させた展示企画「キモノスタイル 200」。場内には、老舗メーカーの伝統技術を駆使した国宝級の着物から、最先端のモダンスタイルまでを取り揃え、着物ファンにとって堪らない空間が広がっている。

また5月5日(土)の夜には、一夜限りのパーティー「黒留 NIGHT」が開催される。ドレスコードは、最高礼装である"黒留袖"。思い思いのアレンジを加えた黒留袖が一同に集結する様は、まさに圧巻の光景だ。さらに日本橋の街を「花魁道中」さながらに歩く「黒留道中」や、ランウェイショーといった和の香り漂う粋な企画も用意されている。

江戸文化の中心地であった日本橋で、ゴールデンウィークは日本文化に浸ってみてはいかが。

【詳細】
「東京キモノショー2018」
日時:2018年2018年5月2日(水)〜6日(日) 10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場:日本橋三井ホール
住所:東京都中央区日本橋室町 2-2-1 コレド 室町 1-5F(エントランス 4F)
入場料:一般 1,200円/前売り 1,000円(高校生以下無料)
※前売り券は公式HPより購入可。

■黒留NIGHT
日時:2018年5月5日(土) オープン18:30/スタート 19:00/クローズ 21:00
ドレスコード:黒留袖(または黒の盛装)
料金:大人3,000円、小人(小学生〜高校生) 1,000円 ※ドリンクや軽食も含まれる
※チケットは公式HPより購入可。※当日券の販売は未定


[写真付きで読む]「東京キモノショー2018」東京・日本橋で開催 - 国宝級の着物展示や"黒留袖"パーティーなど

外部サイト

  • モノづくりの祭典「浅草エーラウンド2018春」"革靴づくり"現場ツアーや革小物作りなど
  • ホテル椿山荘東京「ほたるの夕べ」で蛍観賞、閉園後に庭園開放のスイート宿泊プランも
  • 劇場型レストラン&ラウンジ「水戯庵(すいぎあん)」が日本橋にオープン、伝統芸能と共に日本食を堪能