西野カナが思う理想の恋愛って? 新曲『アイラブユー』に込めた思い

写真拡大 (全5枚)

4月18日にニューシングル『アイラブユー』をリリースする、西野カナさん。

4月27日に公開予定の映画『となりの怪物くん』の主題歌となる新曲は、恋する女の子の等身大の本音をリリックにのせたメッセージ・ラブソング。歌詞に込めたコト、リスナーへの思い、恋愛まで、この曲にまつわるお話をご本人におうかがいしてきました。

ラブレターを書くように思いを綴りました

この『アイラブユー』という曲は映画「となりの怪物くん」の主題歌として書き下ろさせていただきました。

作詞をするにあたって、映画を先に観させていただいて。初対面では第一印象が最悪だった2人が、徐々に徐々に心を通わせていくという内容なんですけど、観終わった時に、「うわぁ……こういう経験、ずっと前にしたことあるかも……」ってしみじみと思い返している自分がいたんです。

そのあとすぐに、歌い始めの“正直最初はそうでもなかった”って歌詞が降りてきて、そこから先は、とにかく、歌い出しのフレーズが映えることだけを意識しながら、ラブレターを書くように思いを綴っていきました。

とにかく、最初のフレーズを生かしたい一心で、歌詞もメロディも何度も模索しました。そのこだわりの分だけ、素敵な曲に仕上がったので、少しでも早くみなさんに聴いていただけたらうれしいです。

 

この曲、実は全編、ラップ調なんです。

相手に対してしゃべりかけるようなニュアンスで作詞をしたかったので、ラップにしました。
これまでも、カップリングやアルバム曲ではラップをたくさんしてきたのですが、シングル曲で歌い出しからサビまで全てがラップ調というのは初めて。私にとって、新たな挑戦でもあります。そのあたりも、注目して聞いていただけたらうれしいです。

いつも当たり前のように隣にいる彼に、照れくさくてなかなか伝えられない「ありがとう」の気持ちをたくさん詰め込んだ曲に仕上がったので、きっと共感していただける部分も多いと思います。彼とカラオケに行ったときに心を込めて歌っていただくのもいいかもしれません。

歌う時のコツは……そうですねぇ……好きな人に歌詞のフレーズをそのまま伝えるように歌っていただくのがオススメです。唯一「こんな私を好きになってくれて〜」のところにはメロディラインがきちんとあるので、そのパートをより感情的に歌うと抑揚がつくと思います。

運命は“一瞬”が積み重なって繋がっていくもの

運命って言葉を耳にすると、女の子はみんなすごくドラマティックな何かを期待してしまうと思うんですけど、実はそんなこともないのかもしれないですよね。

映画『となりの怪物くん』の主人公みたいに、今でこそお互いのことが好きになって付き合っているけど、最初はこんな印象でお互いのことをこんな風に思っていた、とか。あの時、電話をかけてくれたから今の2人がいる、とか。あの時、喧嘩もしたけど諦めずに色々話し合ったから今も一緒にこうして笑っていられるとか……。

最初はそんなことないはずだったのに、後になって思い返してみたら必然かもしれないって感じることができたら、それが本当の“運命”なのかもしれないって。

この歌詞を書いている間中、そんな思いが頭の中をぐるぐるしていました。

 

これは恋愛だけに限らなくて、例えば、大切な友達に出会えたこともそうだと思うんです。どの学校に通うかによって、出会う友達だって変わってくるわけじゃないですか。そんな風に、取るに足らないような、なんてことのない“一瞬”で未来が大きく変わるのが人生で、そういうことのすべてがつながって“運命”になっていくのかなって。

それから、もしかしたら、この「アイラブユー」の歌詞は、私の理想の恋愛を体現している部分もあるのかもしれません。

恋人として甘い時間を共有することもあるんだけど、その次の瞬間には友達と一緒にするみたいにくだらないことでふざけあったりもできる。そんな気の置けないカップルって、私も含めて女の子からしたらすごく理想的に映る部分がありますよね。

NEXT:ツアーの楽しみは○○♥

友達に恋愛事情を取材することもあります。

ラブソングの歌詞を書くときは、もちろん、自分の実体験をヒントにすることもありますが、それだけだとどうしても限界があるので、時々、友達カップルにアンケートをとったりもしています。

今回も、学生時代の友達に電話をかけていきなり「最近、彼とどうなの?」って聞きだして、参考にしました。

歌詞を書く“産みの苦しみ”はいつも壮絶で、新曲を作るたびにスタッフの皆さんに「もう無理」って泣きついている気がします(笑)。

歌詞がどうしても浮かばない時は、お散歩して一度頭を空っぽにしてみたり、お風呂のシチュエーションがあったらお風呂に入ってみたり、リビングに寝っ転がったり……あの手この手でイマジネーションを膨らませています。やけに具体的なシーンがあったら、「こういう感じで創作したのかな?」って想像していただくと、これまでの曲にも新たな発見があるかもしれないですよ(笑)。

全国ツアーの楽しみはご当地の和菓子❤

おかげさまで今年、デビュー10周年を迎えることができました。ありがとうございます。

昨年リリースしたアルバム『LOVE it』を引っさげて『全国ホールツアー2018 LOVE it Tour』をさせていただくんですが、メモリアルイヤーということで、これまでなかなか足を運べなかった会場をたくさん周ろうということになったんです。

内容については今まさにみんなでミーティングを重ねてアイデアを出し合っているところなのですが、私の音楽人生の節目となるツアーなので、何か特別なことができればいいな、と思っています。

ホールツアーのあとには全国アリーナツアーも控えていて、今年はライブが充実した1年になりそうです。今から、ファンの皆さんに直接お目にかかれるのが楽しみです。ぜひ、会場に会いに来てください。

 

そんなツアー中の楽しみといえば、実は私、和菓子に目がないんです。地方に行くとご当地の銘菓を食べるのが楽しみで、特にどらやきが大好きで、つぶあん派です❤︎
ツアーでお邪魔させていただく土地の皆様、和菓子情報も、お待ちしています(笑)。

これからも明日を一生懸命生きていたい

この10年間は……本当にあっという間でした。10年前は自分が学生だったっていうのも、なんだか信じられないですし、とにかく、濃い時間の連続でした。

「一番の思い出は?」ってよく質問していただくんですが、どれもこれもインパクトがありすぎて、一つになんて絞れません。

毎回、毎回、テーマや衣装にこだわっているライブツアーを思い返しても、いろんな髪型やコスチュームに挑戦させていただいていて、スタッフの皆さんにもファンの皆さんにもありがとうの気持ちでいっぱいです。

これから先もずっと、デビューした頃と同じように、明日のことを一生懸命頑張ることを目標にしているんじゃないかと思います。

昔から、来年のことも考えられないくらいあまり先のことは考えないタイプで、それはこれからも変わらない気がしますね。

 

西野カナ
平成元年、三重県生まれ。2008年のメジャーデビュー後、女の子のリアルな恋愛観を綴った歌詞と歌唱力で大ブレイク。2016年には「第58回 輝く!日本レコード大賞」にて大賞を受賞し、国民的アーティストとしての座を揺るぎないものとしている。

HP www.nishinokana.com
Twitter twitter.com/kanayanofficial
Facebook www.facebook.com/nishinokanaofficial
Blog ameblo.jp/nishino-kana/


アイラブユー
デビュー10周年を飾る2018年第一弾シングルは、菅田将暉・土屋太鳳がW主演を務める映画『となりの怪物くん』の主題歌。劇中の2人の恋愛模様をイメージして作られたラップ風のメッセージ・ラブソングには、女の子のひたむきでキュートな恋心がいっぱい。ドライブデートをイメージしたMVも要チェック。〔初回生産限定盤〕(CD+DVD) ¥1,481、〔通常盤〕(CD) ¥1,165/SMEレコーズ

 

ニット ¥14,800、スカート¥14,800/リルリリー(リルリリー トーキョー) パンプス ¥7,900/R&E

Photo:Nagatani Tomoya(will creative)
Model:Nishino Kana
Hair&Makeup:Ohnishi Tomoyuki(GROUNDCOVER)
Stylist:Matsushima Akane(io)
Text:Ishibashi Rina