image via Shutterstock

新しい環境、新たな仲間。期待と不安が入り混じりつつスタートした4月。良くも悪くも、いつも通りとはいかない中でモチベーションを保つのは難しいと思うことも。

気持ちの揺れ幅が大きくなる今の時期に、きちんと自分軸をキープするのに役立ちそうな記事をマイロハスから集めてみました。

どうしても拭えない心配を生産的なものへ

新しい生活への不安は持って当たり前。だったらその不安、自分を高めるために利用してしまいましょう。ポイントはまず冷静に不安を整理して見ること。そして役立つのがマインドフルネス。集中して不安に向き合うと漠然と大きいと思っていた不安にどう対応していくかが見えてきそうです。>>まずは何ができる? 心配を「生産的」なものにする方法

「何もしない」を楽しんでみる

北欧の心地よさを追求した生活が今話題になっています。「ニクセン」もそんなライフスタイルのそのひとつ。オランダ流の心の休養と回復方法を活用して凝り固まったストレスを優しくほぐしていきましょう。>>オランダ流「ニクセン」に学ぶ、何もしないことを楽しむ生き方

変化に敏感な人へのアドバイス

自分自身は何にも変わっていないのに、環境の変化で全てが変わったように思えてしまう時。それは心のベクトルが外を向きすぎているのかもしれません。他者への配慮は必要ですが、人から見た自分を意識しすぎてビクビクしてしまうと何もできなくなってしまいます。 まずは自分の価値を認めてあげること。そこから周りを見ていくと落ち着いて人と接することができそうですね。>>新生活シーズン不安を抱えている、変化に弱い敏感なあなたへ

ブツブツ言っても大丈夫。独り言の効果

自然に出てしまう独り言。あんまりいいものではないかと思っていたら、思いのほかいい効果があるのだとか。専門家は独り言のことを「エクスターナル・セルフトーク(声に出す自己との対話)」と呼ぶのだそう。自己との対話と思うと、今まで自問自答のようにしていた独り言にも納得。ストレスの解消や集中力を高めてくれる効果もあるとか。これからはどんどん独り言を言っても大丈夫。>>実は独り言が健康と密接な関係にあった!

新シーズン到来。やっておきたいこと・やらないほうがいいこと

気持ちを新たにする時には自然と部屋の掃除をしたくなるのですが、やはり断捨離のようにスッキリ整頓したいところ。春らしい小物を取り入れてみたり、会いたい人に会ったり......。考えれば考えるほどワクワクしてきます。そんなモチベーションをキープするためにも、気乗りしない誘いには乗らないことが大事のよう。>>新生活シーズンにやっておきたいこと、やらない方がいいこと

新しくはじまるいろんなこと。せっかくならできるだけ前向きに捉えて進んでいきたいもの。心が気持ちいい状態を保っていくようにしたいですね。