ファッションの意識は早くも春から夏へとシフト中。

それと同時に、気になり始めるのが水着です。

一風変わった素材の水着に思わず釘付けに

Oséreeさん(@osereeswimwear)がシェアした投稿 -

今年とくに気になったのが、水着らしからぬ水着たち。

水着ってデザインこそ豊富だけど、伸縮性があってつるっとしていて…。素材はどれも似たりよったりなイメージがある。

そんな固定観念があったから、一風変わった素材を使った水着を見て思わず釘付けになってしまいました。

ストレッチの効いた素材使いがユニークな「HUNZA G」の水着

Hunza Gさん(@hunza.g)がシェアした投稿 -

ロンドンを中心に展開している「HUNZA G(フンザ ジー)」の水着は、ストレッチの効いた素材使いがユニーク。

Hunza Gさん(@hunza.g)がシェアした投稿 -

Hunza Gさん(@hunza.g)がシェアした投稿 -

ウエストマークしたようなデザインのものなんて、もはや普段着のよう。

デザイン自体はシンプルだけど、タオル地のような素材がほかとは一線を画した上品さを与えてくれます。

ラメ、スパンコール、メタリック…。選ぶのが楽しくなる「Oséree」の水着

Oséreeさん(@osereeswimwear)がシェアした投稿 -

イタリア生まれのブランド「Oséree(オセリー)」にも、素材使いがおもしろい水着が目白押し。

ストレッチの効いたラメ入りの水着は、無駄を削ぎ落とした潔いデザイン。

Oséreeさん(@osereeswimwear)がシェアした投稿 -

スパンコールがついた水着は、ビーチで視線を集めそうな予感。スパンコール素材以外はシンプルだから、目は引くけど悪目立ちしません。

Oséreeさん(@osereeswimwear)がシェアした投稿 -

これぞ水着! なオーソドックスなシルエットも、メタリック素材だと個性がキラリ。普段のファッションと同じように、水着でもモードなスタイルを楽しめるのがうれしい。

これまではほとんどデザインだけで選んでいた水着。洋服みたいに、デザインも素材ももっと欲張って選んでみたら、これまで以上に自分らしくいられそう。

写真/gettyimages