宇多田ヒカル

写真拡大

 歌手の宇多田ヒカルがプロデュースする新人アーティスト・小袋成彬の新曲「Selfish」のミュージックビデオ(MV)が、短編映画を対象とした日本の映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018」(6月4日開幕)のミュージックビデオ部門にノミネートされたことを、一部スポーツ紙が報じた。

 記事によると、同映画祭は、米アカデミー賞公認の国際短編映画祭。グランプリを獲得した作品は、次年度の米アカデミー賞短編部門ノミネート選考対象作品となるという。

 ノミネートされた「Selfish」は、デビューアルバム「分離派の夏」(4月25日発売)に収録。16年にMV部門が設置されて以来、デビュー作でのノミネートは初だというのだ。

 宇多田といえば、先ごろ、イタリア人男性との離婚が報じられたばかり。そして、一部メディアでは新恋人が小袋であることが報じられていた。

 そんな中、発売中の「女性自身」(光文社)が小袋を直撃した様子を掲載。

 小袋は離婚したことを知らなかったことを明かし、宇多田と会っていることを否定。

 さらに、交際について直撃すると、「……彼女とですか?(交際は)ないっすね」と否定している。

 「話題になることを狙い、宇多田との交際説は小袋の周辺が流していると、もっぱらうわさになっている。そして、宇多田には本命がいるといううわさだが、その相手が明らかになると、宇多田にとって都合が悪いので、小袋でカモフラージュしている可能性が高い。ただ、気分屋の宇多田だけに、そのうち自ら交際相手を暴露することもあるのでは」(レコード会社関係者)

 そのうち、宇多田と小袋の音楽番組での共演がありそうだ。