財務省“調査”やり方に自民党内も疑問視

写真拡大

財務省の福田事務次官が女性記者にセクハラ発言をしたとの週刊誌報道を受け、麻生財務相が個人的な見解として音声は次官の声だとの認識を示した。一方、財務省の調査のやり方については、身内である閣僚や自民党内からも疑問視する声が相次いでいる。

野田聖子総務相は財務省の調査のやり方について「違和感がある」と述べた。

野田総務相「違和感があります。(被害者が)加害者側の関係者に話をしにいくというのは普通ではやっぱりできないのではないかと。被害者の立場に立てば高いハードルであるということをぜひ財務省の方にもご理解いただきたい」

また、自民党の橋本聖子参院議員会長も「財務省の対応は国民の感覚とずれている。不信感を通り越してあきれている状況は非常に良くない」と厳しく批判している。

一方で、野党・立憲民主党の辻元国対委員長は、あきれ顔。

立憲民主党・辻元国対委員長「もぐらたたきをやっているみたいだと思ったんです。疑惑のもぐらたたき。きょう、こっちたたいたと思ったら、またこっちから疑惑が出てくるし、こっちからセクハラが出てくるしって」

こうした中、国会では自由党の山本代表が安倍首相は「退陣した方がいい」と時間を割いて主張したのに対し、最初は冷静に答弁していた菅官房長官も、最後はあきれたように、いなした。

自由・山本太郎代表「安倍総理に直接、そろそろ退陣した方がいいんじゃないかと進言されましたか」

菅官房長官「直面する問題を一つ一つしっかりと対応してこの国を前に進めていきたい」

自由・山本太郎代表「菅官房長官、(安倍首相に)やめるように言った方がいいんじゃないですか」

菅官房長官「あまり心配していただかなくても結構でございます」

連日、新たな問題が発覚する防戦一方の状況に政府・与党内では日に日に危機感が強まっている。