第122回ボストン・マラソンは16日、米ボストンで行われ、公務員ランナーの川内優輝(31)=埼玉県庁=が2時間15分58秒をマークして初優勝した。日本人選手としては1987年大会覇者の瀬古利彦氏以来31年ぶりの快挙。伝統のレースに名前を刻んだ。

 気温3度。大雨に強風。大リーグのレッドソックス−オリオールズ戦が中止になる悪条件の中、川内がボストンを驚かせた。

 渡米前は「(前回大会3位の大迫傑を参考に)勝負どころまで力を使わない。目立たないように」と様子を見る計画だったが、スローペースに耐えきれず、スタート直後にダッシュ。テレビ解説も「クレイジーだ」と叫ぶ奇襲作戦に出た。

 中間点を先頭集団の中で1時間5分59秒で通過し、その後2番手集団に入ったが、持ち味の粘りを発揮した。1分30秒差をつけられて先頭を走っていた前回覇者ジョフリー・キルイ(ケニア)を40キロ過ぎにとらえ、そのままゴールテープを切った。キルイに2分25秒差をつけてのゴールで、中継は「アンビリーバブル!」と盛り上がった。

 同マラソンで3連覇を含む4度の優勝を誇り、瀬古氏のライバルでもあったビル・ロジャース氏から熱烈なオファーを受け、「偉大な選手だし、歴史あるレースに挑戦できるのはうれしい」と参加した大会。過酷なレース後の川内のコメントも米メディアを仰天させた。

 「ただ前だけを見て走った。自分にとっては最高のコンディションだった」

 川内は今年3月25日、「2時間20分以内における最多完走数」78回をギネス世界記録と認定されたが、「まだ通過点。レースが好きな気持ちが記録につながった。百戦錬磨の川内と呼ばれるため、次は100回を目指す」と話したばかり。

 川内は代表選考基準のあいまいさなどから日本陸連への不信感を募らせ、「何回も裏切られた」と今年度のマラソンナショナルチーム入りを辞退。2020年東京五輪の代表選考大会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」出場権は獲得しているが、出場にも否定的だ。

 ボストンマラソンは国際陸連が求める条件を満たしていないため、公認記録とはならない。