トランプ大統領は、政権の人事について「私のすべての選択が良かったわけではない」と自らの非を認める異例の発言をしました。

 トランプ大統領:「私の選択すべてが良いわけではないが、彼ら(ムニューシン氏ら)は素晴らしい」

 トランプ大統領は16日にフロリダで行われたイベントで、出席したムニューシン財務長官やアコスタ労働長官を褒めた際に具体的な名前に言及こそしませんでしたが、一部の人事が適切ではなかったとする発言をしました。会場の笑いを誘う冗談だったものの、トランプ大統領が自らの非を認めるのは異例です。政権ではすでにティラーソン国務長官など3人の閣僚が辞任したほか、現役の複数の閣僚も公費の無駄遣いが指摘され、トランプ大統領の責任を問う声も上がっています。