村田諒太【写真:Getty Images】

写真拡大

ラスベガスでの2度目の防衛戦へ向けて、トップランク社CEOは準備をスタートさせた

 WBA世界ミドル級タイトルマッチが15日、横浜アリーナで行われ、王者・村田諒太(帝拳)が同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)を8回2分56秒TKOで下し、初防衛に成功。同級王座を防衛するのは日本人史上初の快挙となった。村田と契約する大物プロモーターは今夏、ロサンゼルスで、村田が金メダルを獲得した2012年ロンドン五輪決勝の再戦計画をスタートさせたことを明らかにしている。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

 強烈なパンチ力と鉄壁なディフェンスでブランダムラを下した村田。トップランク社CEOのボブ・アラム氏は、2度目の防衛戦へ向けて動き出している。

「誰もが“見たい”と希望しているファイトは、ムラタと我々がプロモートしているブラジル人との戦いだ。彼は五輪でムラタが金メダルを獲得する間、銀メダルを手にした。ムラタは1ポイント差で勝利した。プロの世界でも偉大なマッチアップになる。このファイトは凄まじい関心を生むだろう。特に日本とブラジルでね」

 同メディアによると、アラム氏はこう語っている。2度目の防衛戦はラスベガスのリゾート施設「MGM」を舞台に、8月か9月に行われる予定だという。対戦相手はロンドン五輪ミドル級決勝で金メダルを争ったエスキバ・ファルカン(ブラジル)だ。

 村田はロンドン五輪決勝ではファルカンを14-13で破り、金メダルを獲得した。ブラジル五輪委員会が試合結果の見直しを求めたほどの大接戦だったが、大物プロモーターは6年越しの因縁の再戦を計画している。

「村田の人気を米国人ボクサーも見習うべき」とアラム氏

「ブラジル人はベガスにやってくる。多くの日本人も観戦するだろう。日本からムラタの試合を見るために旅行する。トッドはこの戦いのためにMGMと数々の交渉を進めている」

 トップランク社のトッド・デブーフ社長は、MGM側と試合開催に向けた交渉をスタートさせているようだ。

 またアラム氏は隙のない戦いで防衛に成功した村田の成長と、市場価値の高さにも着目している。

「彼はプロ入りの第一歩から劇的な成長を遂げたと思っている。ファイターとしてだけではなく、人間としての成長に、私はとても嬉しく思う。アメリカのボクサーもこの男のように、国内外からスポンサー収入を手にすべきだ」

 米国人ボクサーも、村田のスポンサー人気を見習うべしと主張したアラム氏。そして村田の日本スポーツ界での人気はナンバーワンだと言い切っている。

「彼は日本でスポーツ最大のスターだと私は思う。野球選手より上だ。(試合を中継した)フジテレビでは3000万人が彼の試合を視聴したんだ。これはアメージングだ。日本での彼のような存在が世界中探してもいないんだ」

 大きな注目を集める村田の動向。対戦を熱望する統一王者、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)とのメガファイトの行方と同時に、ロンドン五輪決勝の再戦なるかに、多くのボクシングファンが関心を寄せている。(THE ANSWER編集部)