芦田愛菜が、16日放送の『池上彰と“女子会”』(TBS系)に出演。藤田ニコルの学生時代の成績表に絶句するひと幕があった。

 去年、難関中学に合格し、この春から2年生になった芦田。自身の成績は「普通」と謙遜したが、共演者からは「(一般的には)上の方だね」と言われていた。

 そんな芦田に、ニコルの中3の時の成績表を公開。国語、社会、数学、理科など9科目のうち8科目がオール1。唯一1を免れた美術も「2」だった。周囲から驚きの声が挙がる中、感想を求められた芦田は、「えっ…」と絶句。ニコルが「友達にはいないタイプだよね」とリアクションを促すも、「でも…いや…」と言葉が出てこずドン引きしていた。

 「美しい」と同じ意味の言葉をできるだけ多く書くというクイズが出題された際、芦田は「麗しい」「佳麗」「秀麗」「端麗」など語彙力を発揮したが、隣にいたニコルは「ばえる」の他、「けしき」「ひとみ」「ふっきん」など、美しいと思える“対象物”を解答。「(芦田の答えと)並べて欲しくない」と本音を漏らしていた。