最近、毎日がマンネリ化しているというあなた。可もなく不可もなく、安定した日々を過ごしているけど、なにか夢中になれるようなことがあればなぁ……と思ったりしませんか?
そこで今回は、新しいことにチャレンジしてみたい人に読んでもらいたい、情熱を注げる趣味を見つける方法をまとめてみました。

情熱を注げる趣味を見つける方法

時間を忘れてしまうほど熱中した経験を思い出してみる

これまでの人生の中で、食事やトイレに行くことすら忘れてしまうほど熱中したことってありませんか? 絵を描くこと、編み物、ソーイング、スポーツ、ホームページの作成、はたまた会社の資料作りなど、色んな分野に渡って、時間を忘れてしまうほど集中したことってありますよね。
そして、そんな集中した時間を過ごしたあとには、疲労感よりも気持ちのよい達成感を得られることの方が多かったはず。今一度、昔の記憶をたどりながら「もう一度挑戦してみたい」「もっとスキルを磨きたい」と思えるような、熱中したことを見つけてみましょう。

何時間でも話していて飽きないこと、話しているとテンションが上がること

みなさんには、何時間でも話していて飽きないことや、話しているとテンションが上がることってありますか? 何時間でも話すことができるということは、あなたにそれだけの知識と意見があるという証拠。それに、話しているとテンションが上がるのは、その事柄に情熱を持っている証拠なのです。
その事柄をあなたの知り合いだけではなく、知りたいと思っている世界中の人に伝えることに力を注いでみるのはどうでしょうか? 数時間も語ることができる知識があれば、ホームページ一つ立ち上げることができるくらいの情報量があります。
あなたの知識を文章にして、世界に発信しましょう。

子どものころに好きだったこと

子どものころって色んなことに興味があって、好きな遊びを発見すると何時間でもそれで遊んでいましたよね? そんな子どものころに好きだったことを再び思い出してみてください。
例えば、ドールハウスで遊ぶことが好きで、もっとたくさんの人形の服が欲しいと思っていたという記憶があるならば、その人形の洋服作りにチャレンジしてハンドメイドサイトで販売してみるのもあり。
また、人形で遊びながらストーリーを考えることが好きだったあなたは、そのストーリーを思い出しながら短編のお話をかいてみるのはどうでしょうか?
子どものころに「こんなのがあればいいのになぁ」と思っていた、ちょっとした不満を形にしてみるというのも楽しいはずです。