宇佐美貴史の“豪快カーブ弾”に反響【写真:Getty Images】

写真拡大

ハイデンハイム戦で宇佐美がミドル弾、3連敗もゴール動画に賛辞

 ドイツ2部デュッセルドルフは現地時間14日、リーグ第30節でハイデンハイムと対戦。

 1点リードされた後半6分に先発出場の日本代表FW宇佐美貴史が鮮やかな同点ゴールを突き刺し、今季リーグ戦7点目をマークした。試合には敗れたものの、宇佐美の一撃は「センス半端ない!」「最強」「凄い」など称賛の的となっている。

 首位を走るデュッセルドルフは前半23分に先制点を献上するも、後半6分に宇佐美が反撃の狼煙となる同点弾を叩き込む。

 相手ペナルティーエリア左前でFWベニト・ラマンからの横パスを受けた宇佐美は相手DFと対峙。小刻みなタッチでドリブルを仕掛けてボールを右へ動かすと、巧みにシュートコースを作り出して右足を振り抜く。カーブがかかったシュートに相手GKは全く動けず、圧巻の一撃がゴール右上に吸い込まれた。

 宇佐美が正確なキックから4試合ぶりにゴールを決めると、デュッセルドルフの公式ツイッターでは「左サイドでボールを持った宇佐美が右足で芸術的なゴール!」と伝え、「これが宇佐美貴史だ!」と興奮気味に記している。ところが試合はその後に2失点したデュッセルドルフが1-3で3連敗を喫した。

 苦境に直面するデュッセルドルフのなかで光明となっているのは宇佐美の活躍だろう。 DAZN公式ツイッターでゴール動画が公開されると、返信欄では多くの賛辞が並んだ。

「うますぎだろ」
「これをW杯でやってくれ」
「美しい、やばい」
「凄いの一言!」
「宇佐美最強!」
「センス半端ない!」
「キーパーの絶望感」

 宇佐美に対する称賛は広がり続けている。シーズン佳境に足踏み状態となっているなか、この日本人アタッカーの活躍が1部昇格の鍵となると言っても過言ではなさそうだ。


(Football ZONE web編集部)