2戦連続ゴールをマークした本田【写真:Getty Images】

写真拡大

2試合連続ゴールを叩き込んだ本田、1アシストもマークして勝利に貢献

 パチューカの日本代表FW本田圭佑は、現地時間14日に行われたリーガMX(メキシコリーグ)後期第15節サントス・ラグーナ戦に先発出場すると、1ゴール1アシストの活躍で3-1勝利に貢献した。

 本田は2戦連続弾をマークし、相手二人を翻弄した豪快ミドル弾は「天下一品のゴール」「皇帝に敬服」など海外メディアで反響が拡大している。

 前節のプエブラ戦(6-2)で2ゴールの活躍を見せた本田は、この日のラグーナ戦でも先発出場。前半24分、本田が右サイドのペナルティーエリア手前で縦パスを受けると、02番を背負う日本人アタッカーが魅せた。

 相手と対峙した本田は間合いを見極め、ドリブルで中央にカットイン。相手もブロックしようと追いすがり、もう一人も素早くシュートコースを消しにかかる。その刹那に本田が左足を強振。相手の一人が体を投げ出すスライディングタックルを見せるも、本田の強烈な一撃は二人の間をすり抜けてゴール左上に突き刺さった。

 本田は同30分にも絶妙な40mスルーパスを通してゴールを演出。最終的に3-1で勝利する原動力となった。試合直後から現地メディアで「凄まじいゴラッソ」と称賛を浴びていたが、その衝撃は広がり続けているようだ。


海外メディアから称賛の的…「ホンダは最も傑出した選手」

 スペイン紙「アス」メキシコ版では「ケイスケ・ホンダがパチューカを勝利に導いた」と活躍を称えると、「日本人アタッカーの天下一品の一撃で先制点が生まれた」と豪快なミドルシュートを絶賛している。

 また、メキシコメディア「CRITERIO HIDALGO」は「アロンソが皇帝に敬服」と言及。同記事では「ホンダは2018年のパチューカで最も傑出した選手」と評しつつ、ディエゴ・アロンソ監督が語った「今日、彼がしたことは目覚ましかった」という賛辞を伝えた。

 相手二人を翻弄した本田の豪快ミドル弾は鮮烈なインパクトを与えており、海外メディアからも称賛の的となっているようだ。


(Football ZONE web編集部)