イオンがグループに導入するVISAカードの非接触型端末

写真拡大

 小売り最大手のイオンは16日、電子マネーやクレジットカードなど現金以外の手段で会計する電子決済の比率を、2020年にグループ全体で80%まで引き上げる方針を発表した。

 人手不足を背景に、レジ業務の削減につなげる狙いもある。

 VISAカードと共同で20年3月までに、クレジットカードをかざすと決済できる非接触型端末を、グループのイオンモールやドラッグストアのウエルシア薬局などのレジに10万台導入するという。

 自社のクレジットカード「イオンカード」のうち、VISAのカードについて、非接触型決済用のICチップが付いたカードに順次切り替えていく。

 イオングループ全体では、イオンの電子マネーWAON(ワオン)や交通系ICカードなどによる電子決済比率は約5割、総合スーパーを運営するイオンリテールでは7割に達するという。同社の岡崎双一社長は「リテール単体では比率をもっと高める。一瞬で決済が終われば、人件費の削減にもつながる」と話す。

 経済産業省によると、日本の電子決済比率は18・4%。先進国の中では遅れており、同省は25年までに40%とする目標を定め、キャッシュレス化を促している。セブン&アイ・ホールディングスは来春をめどに、スマートフォンを使った決済アプリの導入を見込む。イオンも決済アプリの導入を検討しているという。(牛尾梓)