女性記者へのセクハラ疑惑を週刊新潮で報じられた財務省福田淳一事務次官について、財務省は16日、「セクシャル・ハラスメントに該当する発言をしたという認識はない」とする福田氏への聴取結果を発表した。

 聴取結果では、週刊誌が報じた内容について、福田氏は「私は女性記者との間でこのようなやりとりをしたことはない」と否定。さらに、「報道は事実と異なるものであり、私への名誉棄損に当たることから、現在、新潮社を提訴すべく、準備を進めている」との所感も明らかにした。

 進退については「反省の上で緊張感を持って職務に取り組んでまいりたい」としている。

 週刊新潮は、福田氏が複数の女性記者にセクハラ発言をしていたと報じた。13日には同社のニュースサイトで「胸触っていい?」「手縛っていい?」といった福田氏のセクハラ発言とされる音声データも公開していた。