“セクハラ”次官「報道問題で」コメントへ

写真拡大

財務省の福田事務次官は、女性記者にセクハラ発言をしたと一部週刊誌に報じられたことについて、16日にコメントを出す考えを明らかにした。

財務省・福田事務次官(16日午前8時ごろ)「週刊誌の報道の問題については、今日中にでもコメントを出しますので、それを見てください。(Q:責任をとって辞任(という内容)?)報道問題についてのコメントです。(Q:辞任する考えはない?)コメントを見てください」

財務省関係者によると、コメントは、進退に関してではなく報道に対するものだという。

週刊誌報道をめぐっては、麻生財務相が先週、「事実ならアウトだ」と述べ、事実なら福田次官の責任が問われるとの考えを示していた。

麻生財務相は16日朝、記者団の問いかけには答えなかったが、菅官房長官は午前、「(麻生)財務大臣が対応していくべき話」と述べた。

政府関係者からは「辞任は不可避だ」との声があがっていて、森友問題に揺れる財務省の事務方トップが辞任となれば安倍政権への打撃となりそうだ。