天中殺の時期に就職活動をしなければいけない場合 どうやって乗り切ればいい?

写真拡大

 『ライブdeフォーチュン』(占いTV:uranaitv.jp)は、パーソナリティと人気占い師が日替わりで出演する、占い情報と鑑定、トークも楽しめる新番組だ。4月9日(月)放送には、「ハッピー予報」(占いTV:uranaitv.jp)でキャスターを務める現役大学生・佐々木一真が登場。魂の救済師・安沙蘭と占いトークを繰り広げた。

■天中殺の過ごし方についてアドバイス

出演者は日替わり。ランチタイムに楽しいひと時を!

 佐々木は「今年、天中殺に入ったと言われました。何か気をつけることはありますか」と安沙蘭に質問。「天中殺」とは、算命学で提唱されている運命論のひとつで、四柱推命では「空亡」、六星占術では「大殺界」とも呼ばれ、天が味方しない期間を指す。言葉の持つイメージから、「何か良くないことが起こりそう」と思っている人が多いが……。

 「悪いことが起こるというよりは、普段起きないことが起こりやすいと思ったほうがいいかもしれません。エネルギーをチャージする期間でもあるので、新しいことを始めるよりは、今継続していることを続けたり、目標に向けて勉強したりするのがおすすめです」と、安沙蘭は天中殺の過ごし方をアドバイスした。

 現在大学3年生という佐々木に安沙蘭は「一真くんは、天中殺の時期に就職活動に入るのね。就職活動のように自分が動かなければならないときは、『普段通り』を心がけるより、『0か100か』と思い切って臨むといい。いつもと違う自分が出せるチャンスですよ」と、就活への心構えも伝授してくれた。就職活動以外でも、天中殺に何かを決断しなければならない人がいたら、「思い切りよく!」を心がけてみて。

 『ライブdeフォーチュン』(占いTV:uranaitv.jp)は、月〜金曜日の昼12〜14時に生配信中。バックグラウンド再生に対応しているので、ラジオ感覚で楽むことも。リアルタイムに視聴できない人は、アプリの録画機能や過去動画を利用してお見逃しなく!
(坂井玲子)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock