イケメンプロ・小鯛竜也 師匠の教えは効果テキメンだった(写真は2日目)(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<東建ホームメイトカップ 最終日◇15日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>

ツアーきってのイケメン・小鯛竜也が、最終日に大躍進を見せた。強風でのプレーで選手たちがスコアを伸ばせずにいる中で、1イーグル・6バーディ・2ボギー。この日のベストスコア「65」と猛追し、トータルイーブンパー・43位タイから、トータル6アンダー・10位タイへとスコアボードを駆け上がった。

【連続写真】アマチュアの教科書!小鯛竜也のスイング連続
「順位も順位だったので、スコアに関係なく思い切ってやれたのがよかったと思います」と熱戦とは裏腹に涼しい笑顔。「ショット自体は4日間通して悪くないですし、グリーンも捉えていた。乗ったらいいラインばかりについたので」。パッティングが好調の要因かと質問が飛べば、「そうですね…あっ、谷口徹さんのおかげで」と思い出したようにつぶやいた小鯛。

谷口といえば、武藤俊憲や松村道央の師匠としても知られるほどの教え上手。オフの期間に谷口とともに行った宮崎合宿で、「“お前のパットは入りそうな構えじゃない”と、色々指導をしてもらったんです。狙っていくというか。そういう部分で、思い切っていけたのが上手くいったので」。そう説明しつつ、「(谷口さんに)言っとけといわれたので」と師匠の宣伝も忘れない。

「次にむけて、いいきっかけになりました。地元ですし、来週また頑張りたいと思います」。次週の「パナソニックオープン」で、地元・大阪でのツアー2勝目を目指す。(文・谷口愛純)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

東建ホームメイトカップ 最終結果
小鯛だけじゃない!あのイケメンプロも谷口徹の門下生?
小平智が奮闘 米PGAツアー最終日のスコア速報
石川遼は惜敗も激戦に手応え「プロゴルファー冥利につきる」
KKT杯バンテリンレディス 最終結果