<東建ホームメイトカップ 最終日◇15日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>
男子ツアーの国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」の最終日が終了。後続に4打差の単独首位で出た重永亜斗夢が2バーディ・2ボギー・1ダブルボギーと苦しみながらも、トータル12アンダーで首位をキープ。逃げ切りで悲願のツアー初優勝を果たした。
【連続写真】石川遼、2018年最新スイング
4打差逆転を狙った石川遼は、3バーディ・2ボギーと重永に1打差と迫ったが、首位奪還には至らず。トータル11アンダー・単独2位でフィニッシュし、今大会初優勝、ツアー通算15勝目はならなかった。
首位と2打差の3位に2016年覇者のキム・キョンテ(韓国)、2打差4位に時松隆光が入った。
【最終結果】
優勝:重永亜斗夢(-12)
2位:石川遼(-11)
3位:キム・キョンテ(-10)
4位:時松隆光(-9)
5位T:片山晋呉(-8)
5位T:永野竜太郎(-8)
5位T:パク・サンヒョン(-8)
5位T:イ・サンヒ(-8)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【写真】最終日の特選フォトギャラリー
重永亜斗夢のプロフィール&今季成績
「かなり長い返事が来た」イ・ボミが石川遼に教わったいきさつとは?
畑岡奈紗の順位は?ロッテ選手権の最終結果
小平智が出場 米PGAツアー3日目の結果