AIは、ヒトと同じように 夢を見るのか?

写真拡大

東京オリンピックの喧騒が去った2020年、あなたはどんな生活をしているだろうか?
AIによってシンギュラリティは起きるか? ヒト以上にやさしいAIは登場するか? ヒトとAIはどう共存していくのか?
IT書籍の売上累計が150万部を超える中、2007年に処女小説『エブリ リトル シング』が17万部のベストセラーとなり、中華圏・韓国での翻訳や2回の舞台化(2008年井上和香、2009年内山理名主演)された作家・ITライターの大村あつし氏。
構想・執筆に2年かけた注目の小説『マルチナ、永遠のAI。――AIと仮想通貨時代をどう生きるか』が出版され話題となっている。
ビットコイン、ブロックチェーン、ディープラーニング……正確な技術論と、その道の世界的権威の見解をもとに緻密に描いた作品で、SFではない、というから注目だ。
実物通貨と仮想通貨、日常と非日常、ヒトとAIの境界線がどんどんなくなりつつある今、私たちはどうやって生きていけばいいのか?
AIは苦手というあなたも、これさえ覚えておけば、周囲から尊敬の眼差しを浴びるかもしれない。
2000年代中盤から「AI」と「IoT」を研究し続けてきた大村氏の特別寄稿をお送りする。
(構成・寺田庸二)

連綿と続くテーマ、
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

 みなさんの中に、『ブレードランナー』という1982年公開のアメリカ映画をご覧になった方はいるでしょうか。

 監督は巨匠、リドリー・スコット(『エイリアン』『ハンニバル』など)、主演はハリソン・フォード(『スター・ウォーズ』『インディ・ジョーンズ』など)という豪華なタッグでありながら、興行収入的には成功を収めることができませんでした。

 しかし、その後、映画ファンの口コミで徐々に人気に火が付き、今では「SF映画の金字塔」とまで評価されている傑作です。
 そして、この『ブレードランナー』の原作となっているのが、フィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』です。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)