iTunes Storeでの楽曲のダウンロード販売が2019年3月31日で終了する、との報道について、Appleの広報担当者が否定するコメントをしました。それでも、ダウンロード販売終了の可能性があるのではないか、との指摘もあります。

Appleの広報担当が否定

iTunes Storeでの楽曲のダウンロード販売は2019年3月31日で終了する、との計画を、Apple内部の関係者からの話としてDigital Music Newsが報じて話題となりました。
 
この報道について、Appleの広報担当者が「真実とは異なる」と否定した、とイギリスの大衆紙The Sunが報じています。

何度か報じられているダウンロード販売終了

なお、iTunes Storeでのダウンロード販売終了についてDigital Music Newsは、最近では2017年12月に「早ければ2018年末にも終了する」と報じています。
 
2016年5月に「ダウンロード販売から2年程度で撤退する」と同メディアが報じたのに対し、直後にAppleが否定するコメントを出しています。

Appleが否定しても、撤退の可能性はゼロではない?

現在、音楽ビジネスの主流がApple Musicをはじめとするストリーミングに移っており、iTunes Storeでのダウンロード販売は売り上げが落ちていることから、ダウンロード販売終了が数回にわたって報じられていると考えられます。
 

 
今回、Appleがダウンロード販売終了の計画を否定したことで、iTunes Storeで頻繁にダウンロード購入をしているユーザーは、当面は安心して良さそうです。
 
しかし米メディアCult of Macは「以前、スティーブ・ジョブス氏は携帯電話開発の噂を否定し続けた」との例を挙げ、「Appleは公式に発表するまで、噂を否定する傾向がある」として、ダウンロード販売終了の可能性が完全に消えたわけではないと指摘しています。

 
 
Source:The Sun, Cult of Mac
(hato)

投稿 Apple、iTunes Storeでのダウンロード終了報道を否定 は iPhone Mania に最初に表示されました。