画像提供:マイナビニュース

写真拡大

fossBytesに4月12日(米国時間)に掲載された記事「5 Best Free Email Clients For Windows 10 To Keep Your Inbox Sorted In 2018」が、Windows 10で利用できる無料のメールアプリケーションベスト5を紹介した。昨今、インスタントメッセージやビデオチャットがコミュニケーションツールとして広く利用されているが、企業では依然として電子メールが主要なコミュニケーションツールだと説明している。

紹介されているメールアプリケーションは次のとおり。

Windows 10のメールおよびカレンダー - Windows 10に同梱されているアプリケーションであり、面倒なダウンロードやセットアップが不要。MicrosoftのプロダクトだがMicrosoftメールアドレス以外にもGmail、Yahoo、iCloud、Rediffなどさまざまなアカウントを利用可能

Mailbird - 多機能で複数のメールアドレスに対応したメールアプリケーション。Unified inboxと呼ばれる機能を提供している。有償版ではさまざまな拡張機能が利用可能

eMClient - クリーンで洗練されたUI/UXが魅力で、物事をシンプルにしておきたいユーザーに向いている。メール同期のスピードが速い点も大きな特徴

Mailspring - 今は亡きメールアプリケーション「Nylas Mail」から派生したオープンソース・ソフトウェアのメールアプリケーション。有償版では、メール機能以外の機能も利用できる

Thunderbird - 古く多少劣っているところもあるが、ほかの無料のメールアプリケーションと対等に張り合える機能を持ったオープンソースのメールアプリケーション。メール以外の機能も充実している

現在、多くのユーザーがメールアプリケーションとしてWebメールを使っている。記事では、Webメールとメールアプリケーションとの違いも指摘、Webベースでは複数のメールサービスを統合して利用することが難しいが、デスクトップアプリケーションとしてのメールアプリケーションであれば複数のメールサービスを統合して利用することが簡単だと説明している。