20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内で映像処理の会社に勤める白鳥清美さん(仮名・31歳)。黒髪のロングヘアをゆる巻きにして、大きめなレンズのメガネをかけています。服装はボーダーのロングTシャツに、ハイウエストのベージュのひざ丈スカートを履いており、どちらもオーバーサイズのもの。「体型に自信がなくて、タイトなものが着れなくて……」と、ふくよかな体型を気にしているようです。話すときも目線はあまり合わず、おとなしい印象を受ける清美さんののセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は栃木県で、両親と3歳上に兄のいる4人家族です。両親の仲は良くて、私にとても優しかったです。きつく怒られた記憶は数えるほどで、私がピアノを習いたいと言えば通わせてくれたし、ニンジンが嫌いだと言えば家でニンジンを使った料理は出てきませんでした。
両親は兄にも甘かったんですが、兄は中学に入ると部活や友達と一緒にいるようになって、親と距離がある感じでしたね。何でも自分で勝手に決める兄のことを、両親も扱いづらそうでした。私はと言うと、小さい頃からずっとおとなしい性格で、親の顔色や、友達の顔色ばかりを伺っていましたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生の時に、相手は友人と行ったクラブでナンパされた人です。中学、高校と一貫の女子校に通っていたので、出会いなんて全くなくて。大学は親が進めた都内の学校に進学して、一人暮らしを始めたんです。

大学では同じ学部の子と仲良くなったんですが、その子たちが学校から近かった私の家に入り浸るようになってしまって……。クラブも私の意思というより、その子たちに誘われたからって部分が大きいです。あんなガチャガチャ大きな音がなるところは苦手ですよ……。でも、グループで浮きたくなかったので。

初めての彼氏も、好きな人というより、みんなにくっつけられた感じでお互い好きじゃなかったと思います。何度かデートをして、男女関係になった後にすぐに振られました。他に好きな人ができたそうです」

窮屈な大学生活を経て、印刷会社に入社。家も引っ越し、大学時代の友人との関係を切ったと言います。

「就職が決まってから、真っ先に引っ越し先を探しました。一人暮らしなのに、一人になれる時間がなくて心身ともに疲れちゃって……。ストレスから過食気味になり、肌荒れもすごくなってきたんで、とにかく現状から逃げたかったんです。友達とは卒業を機にバラバラになって、携帯番号やアドレスもすべて変えました。新しい携帯を手にした時は、ホッとしましたね。

就職先では、お客様からのデータを出力したり、デザインをいじったり、デザイン業務と窓口を兼任していました。部署は男性が多かったので、なかなか仲の良い女性ができませんでしたが、一人になりたくて仕方なかったので、ちっとも寂しくなかったです。異性に関しても、最初に付き合った人との思い出があまりいいものじゃなかったので、それほど興味を持てなくて。そこまで深く考えていたわけじゃないけど、もうこのまま一人でもいいかな〜とさえ思っていました」

世話好き女性に好かれて、飲み会に参加することに

そんな中、お節介なパート社員に好かれ、無理やり出会いの場へ連れて行かれたそうです。

「社内に5歳上の主婦の方が入ってきたんです。悪い人ではないんですが、グイグイ話しかけてくる感じで、ちょっと苦手なタイプでした。彼女が入ってからは毎回お昼に誘われて一人で行けなくなったり、私が気にしている肌荒れのことや、太っていることをみんなの前でアドバイスしてきたりと、散々でした。それに数年彼氏がいないと知ると、彼女の旦那さんの友人を紹介すると言ってきたんです。最初こそ、笑顔で流し続けたんですが、徐々にしつこくなってきたんで一度飲み会に参加しました。そして、そこで1人の男性と出会いました」

出会った彼は苦手な肉食系。全く気持ちがないものの、断りきれずに……。

「彼女の旦那さんの友人として出会った彼は、5歳年上の、見た目は黒髪短髪のスポーツマンタイプで、女慣れしていそうな感じが初対面から苦手でした。その飲み会には彼以外にも数人男性がいて、私の他にもパートさんの女友達が参加していました。私だけが外者感がすごくて、ただ時間が終わるのをひたすら待っていた感じです。そんな苦痛な時間の中、彼は私のお皿が空いていたらよそってくれたり、みんなの前で電話番号を聞いてきたり、なんとなくターゲットにされている気がしました。その場はなんとかやり過ごしたんですが、後日彼からの連絡が毎日来るようになって。デートに誘われて、断りきれずに行ったりしていたんです。最初は嫌々で、そのうち普通になり、気が付いたら好きになっていました。そんなに連絡をくれるのは彼女だからだと思っていました。でも、彼の携帯の電話帳の私の登録名のところには“夜”と書いてあって……」

大学時代はベッドを友人に占領され、実家から持ってきたこたつで寝る日々だったそう。

気付いた時には彼の存在が一番大切なものに。携帯の“夜”の意味とは……。〜その2〜に続きます。