デンカ 会長 吉高紳介

写真拡大

■組織の「横糸」を、どうつむぐか

入社以来、化学製品の営業ひと筋だった。四十代も、そのなかで迎えた。ところが、1992年7月、名古屋支店の営業の課長から本社の経営企画部課長へ、異動の辞令が出る。四十一歳での大転進で、驚いた。ビジネスパーソンには、1つの人事が、思いもしなかった道へ進ませることがある。

国内の化学業界は80年代後半、「量産型の塩化ビニルや汎用の石油化学製品では、もう成長はできない」として、少量で付加価値の高いファインケミカル分野へ、投資した。とくに電子材料や医薬の分野へ、集中する。バブル経済が膨張した時代で、「新素材」という言葉も、躍った。

電気化学工業(現・デンカ)も、研究所でものにした磁気ディスク事業を「強み」にしようと、数百億円と500人を投じ、塩ビから撤退した群馬県・渋川の工場で生産を始めた。だが、技術革新の速度は、予想を超える。巨額の資金をかけても、設備を入れて稼働させるときには、もう次の投資の準備をしなければならない。

それなのに、化学の10社ほどが磁気ディスクに参入した。バブルが崩壊へ向かうとき、内々に「撤退すべし」との声も出る。でも、そんな話は、営業の前線に届かない。経営企画部へ着任し、撤退論もあることを知る。撤退に備え、事務局長役に呼ばれた形だった。

だが、着任後も首脳陣から「こうした投資をやらなければいけない」との話が続き、撤退は決まらない。その間、切実に感じたことが2つあり、社長となって経営責任を担ったときの軸となる。1つは、経営判断のあるべき進め方、いまで言うコーポレートガバナンスの重要性。もう1つは、社内の組織を連携させ、チェック機能も持たせる「横糸」の必要性だ。

当時は社長が「こういう事業をやる」と言えば、事業部門が「縦糸」で進めた。推進力は強いが、将来性を精査する「横糸」がないと、暴走する危険性もある。それで失敗しても、右肩上がりの時代は、吸収できたのだろう。

それでも、「このままではおかしい」と言う役員が出て、93年7月に生産を停止。中心になって動いたのは、担当役員や上司の室長だが、事務局長役なりに苦労が続き、学んだことも多い。

新潟県糸魚川市の青海工場。ときに雪が舞う街は、1年余り前に大火に襲われた。工場は延焼を免れたが、従業員の親族や知人に被災者もいる。復興支援も、主力工場の大きな任務だ。

前身の電化は1915年、石灰石からとるカーバイドと化学肥料のメーカーとして、三井系の出資で設立された。6年後、青海の山中に水力発電所をつくり、工場を開く。背後にそびえる黒姫山は、すべて、石灰石でできている。

カーバイドの生産には大量の電気が必要で、近くを流れる姫川の上流に水力発電所もつくった。祖父は、その建設に参加した電気技術者だ。勾配が急で、川から水を引き、配管の中を落としてタービンを回す流れ込み式で、ダムは不要。いま10カ所あり、北陸電力と共同でつくった5カ所と合わせ、必要電力の3割を確保する。だから原油価格高騰の影響は小さく、石化製品よりも競争力を持つ。

経営企画室では、バブル崩壊で経営環境の厳しさが増し、他の事業の構造改革も続き、まとめ役は終わらない。93年秋には希望退職を募り、人事部と必要な経費を捻出する経理部との「横糸」も、動き出す。縮小・外出し・撤退が必要な事業と強化すべき事業を仕分ける「選択と集中」も、進めた。後編で触れる塩化ビニルやスチレンといった主力事業を切り出し、競争相手と合弁会社をつくる構想も、このときに下絵を描く。

■「長期病欠」で、学び得たこと

四十三歳のとき、心臓に病気がみつかり、入院して手術した。約2カ月、仕事を休む。初めての長期欠勤で「大変なことになった。サラリーマン人生も、これで終わりか」と、暗くなりがちになる。ところが、病気欠勤の経験がある先輩が電話をくれて、「気にするな、俺も病気で休んだ。ちゃんと治して出てこい」と励ましてくれた。お蔭で「よし、また頑張るぞ」と、気持ちが切り替わる。

ある程度は命にも関わる状況だったので、人生観も変わる。そんなことは話さないから、当時の職場の人以外は、ほぼ知らない。その後、役職が上がって組織内をみると、丈夫な人だけが集まっているわけではないから、似た状況になる人がけっこういる。そんなときは、「俺にもあった。お前も、ちゃんと治してこい」と言う。そうやって再出発になったほうが、いい仕事をする例もある。

「有徳慧術知者、恒存乎疢疾」(徳慧術知有る者は、恒に疢疾に存す)――徳慧は立派な人格や賢さ、術知は素晴らしい才能、疢疾は艱難のことで、立派な人格と才能を持った人は、困難や苦労のなかで育って磨かれる、との意味だ。中国の古典『孟子』にある言葉で、事業の撤退や希望退職の募集など苦労や大病が続くなか、経営の要諦を身に付け、軸としていった吉高流は、この教えと重なる。

1951年2月、新潟県・青海で生まれる。父は会社員で、母と弟の4人家族。小学校に入るときに、父の転勤で東京都千代田区の社宅へ引っ越し、近くの小学校、中学校へ通う。でも、青海は幼少時代を過ごし、夏冬の休みに祖父母のところへいって遊んだから、「故郷」と言える。早稲田大学高等学院から、70年4月に同大政治経済学部の経済学科へ進む。

74年4月に入社。とくに希望の職はなく、祖父も父も化学分野で働いていたこともあり、電化を選ぶ。酢酸などの伝統的な製品を扱う本社の有機第二事業部化成品課へ配属。得意先回りの営業マンで、翌年4月に同分野の大阪支店有機第二課へ赴任した。守備範囲は、西は広島、東は滋賀までと四国。独身寮に入り、別の部や課の先輩など「斜め」の人脈ができた。

オランダ企業と76年6月に設立したデナックで、相手から技術供与を受け、青海工場の敷地内で医薬品や農薬の原料生産が始まる。その東京の本社へ出向し、未経験の分野の営業で苦労する。約7年いて、年に1度はオランダにもいき、不得手な英語で折衝した。ときに衝突したが、何とか着地させるなかで「利害が対立する相手に『全部、勝とう』と思ってはならない」との教訓も得る。その後、本社の化成品事業部有機ファイン部販売課へ戻り、名古屋支店へ転勤し、冒頭の辞令に至る。

2011年4月、社長に就任。社内報に「全ては、勇気を持って一歩を踏む出すことから、始まります。チャレンジ!! です」と書く。そのうえで「私は常々、数字を追うことや業績を上げることだけが、企業の最終目的ではあってはならない、と思っています。業績を上げることと社会の一員としての責任を果たすことは、自動車の両輪の如く、それぞれ必要不可欠なものです」と言い切った。

17年春に会長になっても「社会的責任を忘れるな」と繰り返す。日常の社業は後継社長に託しても、四十代で得た経験から、吉高流は揺るがない。他人の気持ちや弱さにも、優しくなれる。長期欠勤の経験で「人間とは弱いものだ」との思いが固まり、常にそこから考える。「徳慧術知」は、健在だ。

----------

デンカ 会長 吉高紳介(よしたか・しんすけ)
1951年、新潟県生まれ。74年早稲田大学政治経済学部卒業後、電気化学工業(現・デンカ)入社。2001年経営企画室長、06年取締役経営企画室長兼IR・広報室長、10年代表取締役兼常務執行役員、11年社長。17年4月より現職。
 

----------

(デンカ 会長 吉高 紳介 書き手=街風隆雄 撮影=門間新弥)