伊藤忠商事は「中国語人材」を約1千人育てたことを祝う集会を開いた。参会者は紹興酒で乾杯し、北京ダックなどを食べた=13日、東京都港区の本社

写真拡大

 伊藤忠商事は13日、中国語を使える人材を約1千人育てたと発表した。

 総合職社員の3分の1に相当する。語学力を生かし、得意の中国ビジネスを加速させる。

 中国語人材の育成は2015年度から強化。研修や個人レッスン、受講料の100%補助など、さまざまな学習機会を設けてきた。

 その結果、伊藤忠が独自基準で認定した「中国語人材」は、当初の3倍近い1043人に達した。中国政府公認の中国語検定「HSK」の成績を参考にした。半数は日常会話可能なレベルで、残る半数はさらに高い水準という。

 この日は約1千人達成を祝う式典を、東京都港区の本社など各地で開催。参加した社員らは紹興酒で乾杯し、北京ダックなどを食べた。