角田和将(つのだ・かずまさ)  Exイントレ協会 代表理事  高校時代、国語の偏差値はどんなにがんばっても40台。本を読むことが嫌いだったが、借金を返済するため投資の勉強をはじめる。そこで500ページを超える課題図書を読まざるを得ない状況になり、速読をスタート。開始から8ヵ月目に日本速脳速読協会主催の速読甲子園で銀賞(準優勝)、翌月に開催された特別優秀賞決定戦で速読甲子園優勝者を下して優秀賞(1位)を獲得。日本一となり、その後独立。速読を通じて、本を最大限に活かし、時間の量と質を変えることの大切さを教えるため、国内外を飛び回っている。  セミナー講演では医師、パイロット、エンジニアなどの専門職から経営者、会社員、主婦と、幅広い層の指導にあたり、95%以上の高い再現性を実現している。  大企業から学習塾など、さまざまな分野での研修も実施しており、ビジネスへの活用、合格率アップなどにつながる速読の指導は好評を博している。  教室に通う受講生の読書速度向上の平均は3倍以上で、「1日で16冊読めるようになった」「半月で30冊読めるようになった」「半年間で500冊読めるようになった」など、ワンランク上を目指す速読指導も行っている。  著書に、『速読日本一が教える すごい読書術 短時間で記憶に残る最強メソッド』(ダイヤモンド社)などがある。

写真拡大

速く読めて覚えられる――そんな夢のような読書術があるのだから、読まないわけにはいかないはず!15万人が実践し、成功率95%を誇る「本を読む技術」を手に入れれば、本の知識が自身の能力に変わる実感ができます。発売即重版となり、4刷となった新刊『速読日本一が教える すごい読書術 短時間で記憶に残る最強メソッド』から、これまでの半分以下の時間で読めて毎月30冊以上読める、最速・最短で読書をモノにする方法を紹介していきます。

書店で自分に合う本を見つける

 では、自分が何を読めばいいかわからないときに本を探すにはどうすればいいのでしょうか。

 まず書店に行き、本を手に取って、全体をパラパラめくって見てみます。

 そうすると、見出しや重要箇所を太字にしている部分をはじめとして、いろいろな言葉が目に入ってきますが、そこに気になる言葉がないかを探すという意識を持ちながら見るようにしてください。

 すでに抱えている課題が明確になっている場合は、自然と関連する内容のページに目が行きますので、内容によっては、その部分を読んだだけで課題解決につながることもあります。

 もちろん、課題が明確になっていなくても、パラパラめくるように速いペースでページを見ていると、頭の中でいろいろ考えることができない状態になるので、無意識に自分にとって必要なことや興味のある内容に目が留まりやすくなります。

 あくまでも「読む」のではなく、「探す」目線を持つことがポイントです。

 次に、気になる言葉があったページの一節を普通に読んでみます。読んでいるときは、何をすれば課題を解決できるのかイメージが湧きやすい本かどうか、もしくは文章で説明されている事柄や具体例が自分にとってイメージしやすい本かどうかを確認していくようにしましょう。

 たとえば独立、起業して、会社組織をつくっていくなかで悩みを抱えている人が、『失敗の本質』を読んだとします。

 この本は第二次世界大戦の日本軍を例に、文字通り失敗の本質を分析していくという内容です。名著の一つとして有名な本ではありますが、日本史があまり好きではない人にとっては読みづらいかもしれません。

 売れている本や有名な本と自分に合う本は、必ずしも一致しないことがあるのです。

 あくまでも優先すべきは「今の自分をより成長させることができるのか?」「今、直面している課題が解決できるのか?」なので、その目的にかなう本を、自分が読みやすいと感じる本、イメージがつくりやすい本から選ぶようにしましょう。

■参考文献
「速く読んで覚えられる最強の読書術」