パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり派遣先に就業に行く契約で、派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「なぜ派遣を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている井上紀子さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。少し明るめの茶髪を後ろに一つにまとめ、すっきりとした顔周りに大きめのフープ型のピアスが目立っています。白地に鮮やかなトリコロールカラーのボーダーの上から黒のパーカーを羽織り、ダメージがある細身のスキニーに、白のコンバースを合わせた着こなしは渋谷や原宿などにいそうな雰囲気です。カジュアルファッションですが、メイクはカールしたまつげに、オレンジレッドのグロスが健康的な印象を受けました。「まつエクをしているので、普段はグロスだけで済ませているんです」と語る紀子さん。

現在は、地元である国分寺から近い立川市で派遣社員として働いています。派遣で働く前は、渋谷まで通勤していました。「都心と逆方向に通勤するので、今は、通勤のストレスが減って楽ですね」

彼女は東京都国分寺市で生まれ育ちました。大工の父と、パートで販売員として働いていた母、3 歳年上の兄の4 人家族です。

「父は、内装業を中心とした大工をしています。最近も、都内の人気スポットとか“俺が作ったんだ”って自慢していました。少し前までは、応援で東北の方とかまで仕事をしに行ったりしていましたね。母は、スーパーの店員とか、病院の受付とか色々仕事しています。よく仕事が変わるんで、どれが専門とかないみたいなんですよ。兄は高校を出た後に、保育士の資格が取れる専門に行って、今は保育士をしています」

紀子さんは、自分の好きなことを仕事にしたいと考えます。

「父の口癖が“手に職を持ちなさい”だったので、高校になると色々と進路を考えたんです。兄が保育士の道に進んだので自分もどうしようか迷ったのですが、命に関わるような仕事は向いていないなあと思って。高校生の時に携帯を持ち始めて、着信音のダウンロードサービスとか、簡単なゲームとかにハマって、課金が凄いことになって親に怒られたんです。その時に、こういうITの会社で働けば、ゲームできるしいいなって考えました」

地元の都立高校に通っていましたが、進路を決める際にパソコンの技術を身に付けたいと考えます。

「家にパソコンがなかったんです。高校は情報処理部という部活に入っていて、パソコンを使ってイラストを描いたりしていました。専門に行くか、大学に進学するか迷ったのですが、自分が働いてみたいと思ったIT系サービスの企業の“先輩社員”というようなページを見ると、大卒しかいないんですよ。そこで、パソコンが学べそうな大学を探しました」。

スキルを身に付けるためにパソコンスクールへ通うも、親から借りた学費をまだ返せず…

紀子さんは、パソコンなどの知識や技術が身に付けられる学部に進学をしようと決めます。

「一般入試だと合格できるかボーダーだったのですが、ちょうど興味があった学部で、AO入試があったので挑戦しました。高校時代にはパソコンで、簡単な3次元コンピュータグラフィックスでイラストを作ってみたり、情報処理の知識などが必要なP検定の3級も取得していたのでそれをアピールしました」

念願が叶い、志望大学に進学した彼女。実家から自転車で通学していました。

「高校も電車が混むのが嫌で20分かけて自転車通学していたんです。大学も、乗換が面倒なので、自転車で通っていました。生活圏のほとんどが、家と学校とバイト先だけだったので、電車に乗らないで済んでいたんです」

大学時代は家電量販店でバイトし、家電やパソコンの知識が増えるのが嬉しかったそう。

「ターミナル駅にある家電量販店で、ビューティー家電の売り場で働いていました。忙しくて、サービス残業も多くて大変でした。でも、スマホに詳しい人とかガジェットに詳しい人に出会って、理系ではないけれどパソコン系の仕事に就きたいっていう気持ちが高まりました」

紀子さんは、大学生の間で人気のある、IT系のサービスを提供している有名企業への就活を始めます。ネットで志望企業の社員を見つけると、個人的にメッセージを送ってコンタクトを取るようになります。

「大学は、採用試験を受けるために必要な学歴なだけで、パソコンのスキルは専門にいかないと身につかないって言われたんです。そこで、入社前に少しでも触れておこうと思って、アプリやWebのデザインが学べるコースに、半年間通いました」

大工をしている父に、“手に職をつけるため”と説得し、パソコンスクールの学費を出してもらいます。

「学費が40万近くしたので、親にお願いして出してもらいました。社会人になって返還するという約束だったのですが、仕事を辞めてしまってから払えなくなり、実はまだ10万ほど払えないで残っています」

この時は、実家から渋谷のスクールまで、1時間以上かけて通学しました。

「パソコンスクールは、渋谷にあったんです。実は電車通学したのが初めてだったんです。今思えば、学校が週一だったから通えたのかも……。でも、これがきっかけで、“都心で働きたい”って思うようになったんですよ」

IT企業のサイトを見て、自分が働いている姿を想像するのが楽しみだった。

念願かなってIT企業に就職するも、仕事のプレッシャーで通勤が苦痛に。不安が強く、各駅停車しか乗車できない日々をおくることに……。〜その2〜に続きます。