米国ゴルフ協会は、2018年6月14日からシネコックヒルズGCにて開幕する海外メジャー「全米オープン」にタイガー・ウッズ(米国)がエントリーしたと発表した。2015年に出場して以来、3年ぶりとなる。
【連続写真】1年ぶりの復帰、タイガーのニュースイングはまるで「武術の達人」
ウッズは2000年、02年、08年と全米オープンで3度の優勝を誇る。シネコックヒルズGCで行われた同大会には過去2度出場し、1995年は棄権、04年は17位タイとなっている。
タイガーは今年1月の「ファーマーズ・インシュランス・オープン」で1年ぶりにツアー復帰。3月の「バルスパー選手権」で2位タイ、「アーノルド・パーマー招待」では5位タイと好成績を残し、復活を印象付けた。
先週の「マスターズ」では32位タイに終わり、「しばらくはクラブをクローゼットにしまう。この大会までにかなりハードワークをしてきたからね」と、1か月は実戦から離れるとしていた。開幕までの2か月間、ウッズの一挙手一投足に注目が集まる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

マスターズ 最終結果
小平智が出場 米PGAツアー初日の結果
8年前の屈辱についての質問に…T・ウッズの絶妙な切り返しとは?
【連続写真】石川遼、2018年の最新スイング
畑岡奈紗ら出場 米LPGAツアー2日目のスコア速報