大塚耕平・民進党代表

写真拡大

昨年10月、民進党は希望の党と立憲民主党、無所属の会に分裂した。その後、民進党は大塚耕平参院議員を代表に選び、他党との連携を模索している。その後、民進党は希望の党と5月中の新党結成を目指して協議を開始した。大塚代表に今後の戦略を聞いた――。(前編、全2回)

※インタビューは2月27日に行った。取材後、民進党は3月30日の両院議員総会、4月1日の全国幹事会で新党結党の方針を決定。現在、希望の党の元民進党議員を中心に、新党結党に向けて動いている。

■民主主義を軽視する安倍政権に対峙する

【塩田潮】昨年10月の総選挙の前後、民進党が分裂しました。民進党代表に就任した後、立憲民主党と希望の党に結集を呼びかけ、不調に終わった後も、あきらめずに唱え続けていますね。

【大塚耕平・民進党代表(参議院議員)】主権者である国民が唯一、主権者としての権能を行使できるのは、総選挙のときに政府を選べることだけです。その主権者の期待に応えるには、政権交代可能な政治を実現しなければなりません。永久に野党でいるつもりなら、同じ考えの人だけで気持ちよくまとまればいい。しかし、政権交代可能な政治を実現するなら、多様な意見を包含し、共通の目標に向かって結束しなければ、政権は取れない。

自民党政権との対立軸は何か。保守とリベラルは本来対立概念ではありません。保守とリベラルを対立軸にするのは間違いです。では、何を対立軸にすべきか。何が正義か、何が正しいかということに、絶対的な答はありません。重要なことは、時間が許す限り熟議を尽くすことです。熟議を尽くせば、少しでも良い結論に到達するかもしれない。これが民主主義です。

ところが、自民党や安倍晋三首相は、時間があるにもかかわらず、熟議を尽くそうとしない。手続きを軽視する。火急を要しない案件でも強引に決める。民主主義を軽視しています。民主主義を重んじようとする勢力か、民主主義を軽んじても自らの主張を実現しようとするのか、この点が対立軸であれば、野党6党はすぐにでも結束できます。

民主主義を軽視する安倍政権と対峙するという大義の点では、野党間に差はありません。だから、私は何度、袖にされても、立憲民主党と希望の党に、多少の意見の違いがあっても結束しましょうと、働きかけを続けているのです。

【塩田】去年の9月、衆議院が解散になったとき、当時の民進党の前原誠司代表が行った選択をどう受け止めましたか。

【大塚】政権交代可能な政治を実現するために、おそらく前原さんはどうやったら政権交代の可能性のある総選挙にできるかを考えたのだと思います。動機がそういうことであれば、それは理解できます。ですが、その先はご承知のとおりの展開になりました。動機は理解できても、詰めが甘かった。その結果、分裂選挙になったという意味において、前原さんの選択は失敗だったと評価せざるを得ません。

議員のほぼ全員が去年9月27日の報道で希望の党との合流構想を知りました。翌28日の両院議員総会では、それが実現すれば確かに政権交代の可能性も出てくることから、ほぼ全員が反対はしませんでした。その先の具体的な協議に関わった人はごく少数。特に参議院議員はほとんど蚊帳の外でした。

その段階では参議院議員の帰趨は未定。前原さんが「総選挙の後に参議院議員と地方議員も希望の党に合流するということも念頭に置いて」という自分の考えを述べただけで、組織として決定事項にはなっていませんでした。

■国会議員だけで政党の存亡を決めてしまった

【塩田】一方で枝野幸男元官房長官らが離党して立憲民主党を結党しました。

【大塚】あのような展開になった結果、立憲民主党を結党したことは理解できます。ただし、枝野さんは当時、民進党執行部のナンバー2。組織のナンバー2の対応として、立憲民主党結党に完全な正統性があるかという点については、いろいろな指摘があります。

【塩田】民進党に残った人たちの中で、党代表に選ばれました。

【大塚】総選挙後の10月28日の両院議員総会で前原さんが辞任を表明。「即座に辞めろ」という声もありましたが、前原さんは「31日に地方議員に釈明とお詫びを行ってから」との気持ちから、即辞任はしませんでした。そして29、30日の土曜、日曜の間に、かなりの数の同僚議員、特に参議院議員から「参議院議員中心の政党になった以上、参議院議員から代表を出すべき。不毛な対立を煽ることのないよう、『元祖中間派』と言われているあなたがやれ」と声をかけていただいた。

党内にいろいろなグループがありますが、私はどこにも属さず、たしかに「元祖中間派」です。先行きにさまざまな混乱と困難が予想できましたが、この局面、「元祖中間派」といわれる私が受けざるを得ないだろうなと思い、結局「身柄を預けましょう」と回答し、代表に選出されました。

【塩田】党員や議員の人たちが新代表に何を期待していると受け止めましたか。

【大塚】まずそこから混乱が始まりました(笑)。先行きの展開に関する議員の考え方は大きくは三つに分かれていました。第一は、総選挙で候補者を立てなかったのだから、民進党は事実上存在せず、もはや党としての役割は終わった。直ちに解散して新党を結党すべきとの意見。第二は、再び大きな塊となれるように、立憲民主党、希望の党に働きかけるべきとの意見。第三は、しばらくはじっと耐え、再結集の時節到来を待つべしという意見。この三つの意見をどのようにハンドリングするかが私に課されました。

「直ちに解散すべき」という意見は、心情及び考え方としては一定の合理性があります。もっとも、9月28日に、当時1500人近くいた全国の地方議員の意見を一言も聞かずに、たった20分の国会議員だけの両院議員総会で政党の存亡を決めてしまった。直ちに解散したら、また同じことを繰り返すことになります。それはできない。そこで、地方議員に何度も集まってもらい、十分に意見交換をすることとなりました。

「しばらくじっとして、地道にやればいい」という意見は、無所属の会のベテラン衆議院議員、非改選組の参議院議員に多い意見でした。しかし、3党バラバラで1年とか1年半、独自路線で運営していくと、おのずとそれぞれの文化、考え方、党風が決まっていく。そうなってからの結集はハードルが高くなり、困難です。時間はかけられない状況だと思いました。

衆議院議員はしばらく選挙がない。選挙に強い無所属の会のベテラン議員にとっては、しばらくはじっと耐え、時節が到来したら自分たちが主導権を握って再編をしかければよいという深層心理だったと思います。しかし、来年の統一地方選挙を控えた地方議員、改選組の参議院議員にとって、1年とか1年半、じっと待っていればよいという考え方は到底受け入れられないものです。

いろいろな点を総合的に勘案し、結局、3党がもう一度結束していく、単に同じ形になるのではなく、プラスアルファの大きな塊にしていく。それを目指していくことが、この局面では相対的に合理性が高いという判断から、その方向の動きをしているわけです。

■政党と政治家は国民と大義のために存在する

【塩田】結集を呼びかけた相手方の各党の対応は。

【大塚】立憲民主党は非常にかたくなです。独立独歩でやっていくという姿勢ですね。総選挙の経緯を踏まえて、希望の党とは連携できないと拒否反応を示しています。心情としては理解できますが、今の小選挙区制の下では、3党が結束しないと政権交代可能な政治に接近するのは難しい。いろいろなルートで「一緒にやりましょう」と引き続き働きかけています。

政党や政治家は国民と大義のために存在しています。政権交代の可能性を追求することなく、持論を展開することに自己満足するだけでは、公党として責務を果たせません。政党や政治家は、自己満足に陥ったら政党や政治家たる資格を失います。これは与野党関係なく、私たち議員が共有しなければならないことだと思います。野党は本気で政権交代に取り組むことが責務です。次の次でいいとか、3回先というような話ではない。毎回の総選挙で、主権者である国民が政権を選べる状況を提供しなければ、主権者は権能を行使できない。次の総選挙でもそういう展開を実現する。立憲民主党にも希望の党にも、その一番大事な目標を共有していただくことを期待したいと思います。

統一会派の交渉において、希望の党はテーブルについてくれました。安全保障などの重要な政策で、小池百合子東京都知事やチャーターメンバーが定めた内容は我々の考え方とは隔たりがありましたので、協力し合うためには歩み寄らなければなりません。私たちも歩み寄りましたが、玉木雄一郎代表をはじめ、希望の党執行部はかなり苦労しつつも、歩み寄ってくれました。

【塩田】ですが、今年の通常国会の開会前、希望の党とは統一会派結成で一度、合意しながら、結局、白紙にという結果となりました。

【大塚】無所属の会代表の岡田克也議員(元民進党代表)と平野博文国会対策委員長(元官房長官)も両党の合意文書をまとめる作業に関わっていただいたので、合意できるかなと期待したのですが、ああいう結果になりました。政策面の合意とは別に、細野豪志議員とは一緒にできない等の、選挙のしこりが大きな障害となりました。

しかし、統一会派を巡る葛藤を経たことが、その後の変化を生んだと思います。不条理な総選挙の経緯で主張を変えさせられた部分を軌道修正したり、過度のけじめ論を超越しないと、野党が大同団結する際の障害になるという共通認識が、関係者の間に生まれました。希望の党の中では、松沢成文議員(元神奈川県知事)たちが分党を申し出たことで、その後の展開に新たな工夫の余地を生んだと思います。一歩前進だと思います。

【塩田】いつ頃までに野党結集を、と考えていますか。

【大塚】それは「神のみぞ知る」です。来年春の統一地方選、夏の参院選のぎりぎりまでさまざまな努力をします。ですが、やはり統一地方選の1年前の今春とか、参院選の1年前の今夏が一つの節目です。統一地方選や参院選に臨む議員や候補者たちが、安心して選挙に臨める構図を構築しなくてはなりません。

■衆議院で民進党の旗を掲げてもらいたい

【塩田】労働組合の連合との関係は。

【大塚】良好な関係を維持しています。しかし、連合の組織内議員も産業別組合によっては難しい状況に直面しています。希望の党と立憲民主党と民進党の三つに分かれた産別もあれば、希望の党だけとか民進党だけに議員が在籍している産別もあり、関係者は悩んでいます。その状況は解決しなくてはなりません。

【塩田】民進党の衆議院議員が国会の会派として無所属の会を結成しました。

【大塚】この点は大きな課題です。代表の岡田さんは、「無所属の会の中には、民進党の党籍を持っていない人もいる。党籍はあっても、総選挙に無所属で出た以上は国会活動で民進党と名乗れない人もいる。無所属の会を結束・維持していくには、民進党を名乗ることができない。名乗った瞬間にばらばらになっていく」と主張しています。

心情としては、総選挙を無所属で戦った議員の気持ちは私も理解はできます。しかし、衆議院議員が民進党を名乗らないために衆議院で民進党の存在感がなく、地方議員や参議院議員は困っています。岡田さんは、地道に活動して機が熟すのを待てという主張ですが、そうであればなおさら衆議院で民進党の旗を掲げ、地道に活動するべきです。残念ながら、論理矛盾を起こしていますね。

【塩田】一般の国民から見ると、非常にわかりにくいのですが、無所属の会は民進党の一部と理解していいのですか。

【大塚】実態的には完全にそうとは言い切れない。民進党籍の衆議院議員は法的には同じ党の一員ですが、民進党籍がない無所属議員も無所属の会に入っているので、完全に同じ党とは言えません。また、無所属の会に入っていないものの、民進党籍を有している衆議院議員もいます。

【塩田】政党には国会議員の人数に応じて国家予算から政党助成金が出ます。党がこういう状態だと、政党助成金で問題が生じることはないのですか。

【大塚】問題が起きているわけではないのですが、無所属の会に所属する議員の対応については批判もあります。法的には何の問題もないのですが、民進党を名乗らないのに、民進党籍を有し、民進党議員として政党助成金の交付対象になっているのはいかがなものかという批判です。

一方、民進党籍を有しているものの、政党助成法の届出議員の署名をしていない議員もいます。無所属の会に所属している議員と、所属していない議員双方がいます。これらの議員は、総選挙を無所属で戦ったことのけじめとして、当面は民進党議員として助成金の対象にはならないという判断をしています。

ここにも論理矛盾が生じています。無所属の会所属議員の対応が全員一緒ではなく、対応が分かれている。また、一部議員は無所属の会に所属していない。誰の対応が合理的、論理的かということが混沌としており、大いなる矛盾を抱え込んでいます。

----------

大塚耕平(おおつか・こうへい)
参議院議員・民進党代表
1959年、愛知県名古屋市生まれ。愛知県立旭丘高校、早稲田大学政治経済学部卒。83年に日本銀行に入行。金融政策の企画・運営に携わり、政策委員会室調査役を最後に退職。在職中に早大大学院博士課程を修了し、博士号を取得。専門はマクロ経済学。2000年に日銀を退職し、01年の参院選に民主党公認で愛知選挙区から出馬し当選(現在3期)。鳩山由紀夫内閣で内閣府副大臣、菅直人内閣で厚生労働副大臣等を歴任。現在、早稲田大学総合研究機構客員教授と藤田保健衛生大学医学部客員教授を兼務。著書に「公共政策としてのマクロ経済政策」「3・11大震災と厚労省」「『賢い愚か者』の未来」など。仏教研究家として中日文化センター仏教講座の講師等を務める。仏教関係の著書に「仏教通史」「四国遍路と般若心経」など。

----------

(作家・評論家 塩田 潮 撮影=尾崎三朗)