lldigo/pixabay

写真拡大

 ZARAに次ぐファストブランドとして勢いを誇っていたH&Mが不振に喘いでいる。

 スペインのファッション情報電子紙『Trendencias』が4月3日付けに報じた記事によれば、H&Mは、現在世界アパレル業界2位に位置しているものの、売れない衣類が43億枚あるという。また、同日にはスペイン電子紙『OKDIARIO』も、H&Mが自社商品35億ユーロ(4550億円)分を在庫として抱え苦しんでいると伝えている。

 その惨状たるや、前出の「Trendencias」紙は、ヴェステロースの本社のエネルギー消費源として売れない衣類を燃料として燃やしていることや、この驚愕的な在庫数量からH&Mのファンにとって驚異的なバーゲンセールが期待できるかもしれないと皮肉混じりで報じているほどだ。

◆立ち遅れていたオンライン対応

 H&Mの販売が最近不振であることはアパレル業界でも良く知られていた。その要因は、人種差別問題での炎上によるイメージダウンなどもあるが、最大の要因はオンラインによる販売の遅れがそのひとつだとされている。この遅れが要因となって、米国Amazon、ドイツZalando、英国Asosなどの世界規模のオンラインを専門にした販売ネットに市場を奪われているのである。

 20年ほど前は年間で500店舗を開設するといった多店舗化がH&Mの販売を伸展させていた。このポリシーが基本になって、現在69カ国、4700店舗を構えるまでになっている。しかし、最近の消費者は店を訪問するのではなく、オンラインで買い物をする傾向になっている。

 例えば、ZARAを含めたグループインディテックス(Inditex)ではオンラインによる販売は同社の全売上の10%を占め、2017年はその前年比41%の成長をさせている。2011年に試験的にオンライン販売を始め、その翌年から本格的に始動させた。そして、今年1月にはロンドンでオンラインを専門にした店も開設している。(参照:「OK Diario」)

 H&Mの創業は1947年である。ZARAの1975年創業に比べ遥かに古い。しかし、H&Mはオンラインの販売の遅れに最近気づいたようで、Alibabaと協力して販売ネットを増やす方向にした。こうすることによって、オンラインでの販売の遅れを修正し、短期間で販売実績を伸ばそうと考えたようである。(参照:「Bolsamania」)

 オンラインへ販売の比重を移すことを決定してから、店舗の開設も今年390店舗を新しく設けるが、その一方で170店舗を閉鎖することも決めている。差し引き220店舗が新たに加わるということになり、これは2010年以来最も低い実質店舗の開設数になるという。(参照:「BBC」)

◆後手後手に回るH&Mの体質に投資家も苦言

 H&Mが市場の急激な変化への対応に遅れていることについて、同社に投資する企業20社の内の1社は、H&Mのことを他社と比較すると、かつて繁栄したNokia、Erricson、IBMといった大企業が市場の急激な変化について行けなかったのと同じようだと見ているという。

 また、創業者の孫でCEOのカール・ヨハン・パーソンが、現在の同社の経営者として適任ではないという批判もあるという。批判を彼自身が受け入れることをしない、解雇されるのを恐れてリスクに挑もうとしないといった批判があるのだという。そして、オンランについての業績が透明性に欠けるという不満も同社の投資家から出ているそうだ。(参照:「Expancion」)

 それと正反対なのがインディテックで、創業者のアマンシオ・オルテガは当初から経営は外部から招聘した経営のプロに任せている。初代の社長はホセ・マリア・カステリャノが務め、2005年からCEO兼社長に元銀行勤務で国家弁護士のパブロ・イスラが就任している。そしてオンライン販売が全売上に占める割合も公表している。