左から大縄敬人・ハッシャダイCFO、久世大亮・ハッシャダイCEO、亀山敬司・DMM.com会長、橋本茂人・ハッシャダイCOO(編集部撮影)

アフリカ支援にものづくり支援、VR(仮想現実)、仮想通貨から水族館まで――。種々雑多な事業で拡大するDMM.comが、また新たな領域に進出する。
同社は4月13日、中卒高卒、いわゆる“第0(ゼロ)新卒”の人材育成事業を手掛けるハッシャダイの全株式を取得(買収価格は非公表)し子会社化したことを明らかにした(3月7日付け)。ハッシャダイ経営陣は、DMMから資金やノウハウの提供を受け、さらなる成長を目指す。
同社は2015年から地方出身の非大卒人材向けに、住み込み型のキャリア支援事業「ヤンキーインターン」を運営している。プログラミングやデータ活用などの技術を学べる「yankee.hacker(ヤンキーハッカー)」と、営業やビジネススキルを学べる「yankee.business(ヤンキービジネス)」の2コースがあり、いずれも一般教養や基本のビジネスマナーも身につけられる。
研修は教材を使った独学と講義形式の座学で構成されており、参加者には住居や食事、パソコン(ハッカーコース)など、生活や学習に必要なものが無償で提供される。参加料は取らず、ハッシャダイ経由で採用が決まった際、企業から紹介料を受け取るビジネスモデルだ。
インターンの期間は3カ月から半年ほど。早期に就職が決まり、2カ月足らずで卒業していく人もいるという。これまで約200人がインターンに参加し、8割程度が就職、そのほかにも進学や留学、起業に至ったケースもある。
ハッシャダイはDMM傘下で、次の成長戦略をどう描くのか。また、異色の人材育成企業を取り込むDMMの狙いは何か。久世大亮・ハッシャダイCEOと、亀山敬司・DMM.com会長に話を聞いた。

「これは小さな問題ではない」と実感

――ヤンキーインターンを始めたきっかけは?


久世大亮(くせ だいすけ)/1993年生まれ、京都出身。高校時代は土木、飲食のアルバイトに従事し自ら学費を稼ぐ。大学に進学するものの、営業経験を積むために行っていたキャリア支援に着想を得てビジネスを考え、中退。2015年5月にハッシャダイ設立

久世:自分自身が非大卒で、地元の友達にはヤンキーがすごく多くて。彼らを変えたいという思いがあった。

創業した2015年当時は大学生向けのキャリア支援の仕事をしており、18〜19歳の学生と接していた。そうした中で感じていたのは、その年齢だと地元のヤンキー友達と感覚や思考がそんなに変わらないということ。ところが就活では明確な差が生じてしまう。

だから大学で経験できるようなキャリア支援を摸倣して、非大卒にも提供してみようと。はじめは実験みたいな気持ちで、友達の中でも本当に問題のあるヤンキーばかり集めて、キャリア支援をしてみたところ、びっくりするくらい変わった。就職が決まった人もいて。

同時に、思った以上に参加希望者が集まったので、これは小さな問題ではない、もっと事業を大きくする必要があると実感した。それで2016年9月に現在のブランドに作り替え、改めてビジネスとしてしっかり伸ばそうという体制を構築した。

――インターンに来る非大卒人材の特徴とは?

久世:大学生の新卒とはけっこう感覚が違う。昨年、DMMのスペースをお借りして“第0(ゼロ)新卒”の合同説明会を行ったのだが、質問タイムで参加者300人、ほぼ全員が手を挙げた。イスの上に乗って手を挙げる人もいて(笑)、登壇企業の方が「こんな説明会は初めて」とびっくりしていた。


企業説明会や講演会では、多くのインターン生がメモを取りながら熱心に聞き入る(写真:ハッシャダイ)

就職先選びの基準も独特。先の合同説明会には名の知れた上場企業から社員5人のベンチャーまで20社くらいが参加していたが、大企業のブースが閑散とする一方、ベンチャーのブースは大盛況だった。

中卒高卒の子たちは、企業の知名度や規模に対する期待値が高くない。周りがここに行くから行く、ではなくて、楽しそうだから行く、みたいな動機が強い。

企業側は非大卒の人材に、体力がありそう、へこたれない人材が多そうといった印象を持っているようだ。CSR(企業の社会的責任)のマインドで、「うちでもハッシャダイから採用したい」「すぐに採用はできないけど、何か協力したい」と声を掛けてくださるケースが増えている。

高卒には「職業選択の自由」もないのか

――今年2月には総務省の情報通信審議会に橋本COOが出席した。

久世:IoT、ICT時代の人材活用を考える会で、若者のリアルについて話す機会をもらった。高齢者や女性は今まできちんと換算できていなかった労働力という前提があるので、こういう場でスポットが当たりやすい。でも若者は、既存のパラダイムの中で一応は労働力としてカウントできており、課題として明確に認識されにくい現状がある。

戦後の集団就職があった時代は、まだ大卒者が少なく、高卒でも労働力として重宝された。でも今は大学への進学率が50%を超え、高卒人材の価値が薄くなった。一方で非大卒の就活の仕組み自体は集団就職の名残を引きずっていて、すべてハローワーク頼み。事実上、今でも民営化はされていない。僕自身も高卒で就職先を探そうと思ったときに、パチンコ屋、引っ越し屋、青森のリンゴ農園くらいしか選択肢がなくて。職業選択の自由もないのか、と感じたのを覚えている。

――今の就活の仕組みは時代に合っていないと。

久世:現在、ハローワークを通じて雇用のマッチングが行われている。これを否定するわけではないが、機能不全に陥っている部分があることは、政府も、企業も、学校の先生たちもわかっている。かつては学校が提供してくれなければ企業に関する情報は手に入らなかった。でも今は、スマホを駆使している生徒たちのほうが、社会や情報とつながっているかもしれない。

僕らが着ているこのTシャツには「Choose your Life」と書いてある。この「自分の人生を選ぼう」というのが僕らのアイデンティティ。これまでとは違った情報や機会を求める人に、新たな選択肢を提供する役割を負っていると思っている。

ハッシャダイの事業には社会的な価値がある

――亀山さんはどうしてハッシャダイに惚れたのか。

亀山:インターン生向けに講師として話しに行ったとき、皆めちゃくちゃ元気があって驚いた。うちの社内でしゃべっても、質問タイムに全然手が挙がらないけど(笑)、ハッシャダイは事前に仕込んでいるのかな?と思うくらい、全員が手を挙げる。質問内容は他愛もないことだけど、見たこともない熱気と、勢いがあった。

組織として、自活した経営をしようと頑張っていた点にも好感を持てた。スタートアップには資金調達したら自分勝手に使い放題、みたいなところも少なくない。ところがハッシャダイは支出を抑えるところは抑えて、なけなしのカネでも何とか回そうという強い意思が伝わってきた。

かといって、このまま長期的視点の投資ができない状態ではビジネスとしてスケールしない。俺にはもうパッションがないので(笑)、パッションがある若い人におカネを出したいと常々思っているわけ。

ハッシャダイの事業には社会的な価値がある。だんだん「ハッシャダイ卒のを採りたい」という企業が増えて、周りから認められる存在になるんじゃないかと。

ーー全株買収とした理由は?

亀山:うちのリソースを徹底的に使ってほしいから。もし別の資本が入っているといちいち決裁をするのが面倒でしょ。でも、100%にこだわっているわけではないので、もし気に入らなければ独立してもらってもかまわない。彼らがいてこそのハッシャダイ。彼らがやりやすいようにやってもらえればいい。


「このままでは事業が小さくまとまってしまう」と懸念を抱いていたハッシャダイ経営陣(編集部撮影)

久世:亀山さんに「一緒にやろう」と声を掛けてもらったのは半年以上前。ちょうどその時期、僕らもこのままだと事業が小さく完結してしまうと悩んでいて。

注目されにくい市場だし、正直あまり儲かるわけではない。でも、これは意義のある事業だと信じている。非大卒の就活を「第0新卒」として、「第2新卒」のように前向きなブランディングをすることによって、僕ら以外のプレーヤーも入ってくる魅力的な事業にしたいとの思いがある。

亀山さんには半年くらい返事を待ってもらったが、最終的には自分自身が亀山さんの経験や考え方を尊敬できた点が決め手になった。「あまり儲からないですよ」ということも正直に話して、それでも「ぜひ一緒に」と言ってくれたので、考え方のズレもないだろうと。今後は僕らだけで細々やっていたのでは取れないオプションにも踏み込んで、成長を目指したい。

新規事業は「少額融資」

――今回の買収で、DMM側にはどんなメリットが?

亀山:DMMの経営層にも高卒が多いし、相性がいいと思う。うちはコングロマリット企業で、社内にいろいろな部門があるから、ハッシャダイで面白い人材がいればどこかの事業部で引き受けることもできる。大卒で入ってくる人が多い中に、生きのいい高卒人材を入れておくだけで刺激になる。多様性は重要だと思っている。


毎月行われるヤンキーインターンの卒業式。就職が決まった参加者を送り出す(写真:ハッシャダイ)

――新しい領域への展開は?

久世:3つ構想しているが、そのうち公表できるものは2つある。まずは少額のレンディング(融資)。ヤンキーインターンに問い合わせをしてくる人の中には、本当に東京に出るだけのおカネもないという人もいる。かつて事業規模が小さかったときには、僕が個人でおカネを貸したこともあったが、ある程度大きくなった今はそれが難しい。だからちゃんと仕組み化したい。

今ある貸与型奨学金の代わりになるようなサービスを想定しているが、大きな金額になると返済が大変になる。それを少額にして、きちんとリアルに返済をイメージできるおカネにすれば、奨学金の問題点を解決できると考えている。これを武器に、おカネがなくて動き出せないという人の状況を改善したい。

もうひとつが、まったく新しいアパレル事業。「Choose your Life」のTシャツがけっこう人気があることから発想した。企業のメッセージを掲載した衣料品はいわば広告のようなもの。これを僕ら世代に無料、もしくは安価に提供していく事業は十分に成り立つように思う。