会見前に握手を交わす日野自動車の下義生社長(左)とVWトラック&バスのアンドレアス・レンシュラーCEO=2018年4月12日午後3時1分、東京都港区、関田航撮影

写真拡大

 日野自動車と独フォルクスワーゲン(VW)傘下のVWトラック&バスが12日、商用車分野での包括提携に向けた協議を始めることで合意した。

 両社のトップは記者会見で、自動運転や環境問題に対応するには戦略的な協力が不可欠だとの認識を示した。会見の主なやりとりは次の通り。

 ――提携はいつ、どちらが持ちかけたのか。

 VWトラック&バスのアンドレアス・レンシュラー最高経営責任者(CEO)「約1年前に(日野へ)連絡した」

 日野自動車の下(しも)義生(よしお)社長「私は昨年6月末に日野の社長に就いた。(提携の話を始めたのは)それ以降だ。『どちらから』というよりも、出会うべくして出会った。互いの思いが一致した」

 ――トヨタとVWは生産台数世界一を争う間柄だ。提携に踏み切った理由は。

 レンシュラー氏「商用車と乗用車の事業は異なる。我々はVWグループの一員であり続けるが、両社の顧客にとって商用車で力を合わせるのが一番と考えた」

 下氏「これからの自動運転や電動化、環境問題への取り組みでは、(乗用車よりも)商用車が先行すべきと考える。そのためには仲間が必要だ。VWトラック&バスとは、めざす姿、ゴールが同じだった」