有村智恵はスコアの伸ばしあいも視野に入れ調整を進めた(撮影:上山敬太)

写真拡大

<KKT杯バンテリンレディス 事前情報◇13日◇熊本空港カントリークラブ (6,428ヤード・パー72)>
「KKT杯バンテリンレディス」の昨年大会の優勝スコア4アンダー。この数字は、2日間大会となった「ヨネックスレディス」と並び2017年シーズンの最小スコアタイ。だが、熊本出身の有村智恵は、今年は違う展開になるかも、と予想する。
【LIVE写真】KKT杯バンテリンレディスの様子をリアルタイムで更新 
勝手知ったる熊本空港カントリークラブ。今年はいつもとはまた違った趣を見せているという。「例年よりも芝のつきがいいですね。元気に生え揃っています。だからグリーン周りのアプローチの難しさが少し下がると思います。また、今日(12日)プロアマで回った感じだと、グリーンがいつもよりは柔らかくなっていました」
それに伴い目標とする設定スコアも変わってきそうだ。土曜日の雨予報も相まって、「このコースは雨のほうが、スコアがでる。初日のスコア次第ですが、10アンダーくらいいくかもしれない」。状況によっては昨年の倍以上のスコアとなることも想定している。
「この試合はホステスでもありますし、色々背負うものはあります。そのため、今までちょっと試合で小さくなっていた部分がありました。その反省点を克服して、成績を残していくことが大事。熊本で頑張っている皆さんに少しでも元気を出してもらえるように、いいプレーをできるように頑張りたい」。伸ばしあいとなるか、我慢の戦いとなるか。コースを知っているアドバンテージを生かして、いかなる状況にも対応していけば結果もきっと付いてくる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

有村智恵 独占インタビュー!「熊本の人に少しでも感動を」
【女子プロ写真館】人気者たちのプレー姿やオフショットが満載
米国女子ツアー ロッテ選手権 成績
東建ホームメイトカップ 初日成績
【LIVE写真】男子の最新大会もリアルタイム更新