『PLAY BOY』韓国版2018年4月号

写真拡大 (全2枚)

世界的に有名な雑誌が韓国で“休刊”に追い込まれた。『PLAY BOY』の韓国版だ。

韓国版『PLAY BOY』といえば、“マッスル美女”イ・ヨンファを「韓国プレイメイト1号」として、昨年8月21日に第一号が発売されたばかり。

【写真20連発!!】“マッスル美女”イ・ヨンファの一日に密着…筋トレから本業、シャワー室まで!?

それが2018年4月号を最後に、発行が中断されるというのだから驚きだ。創刊からわずか8カ月の出来事である。

「韓国では“PLAY BOYコンテンツ”が作れない」

韓国版『PLAY BOY』を発行していたカヤメディア社は、その理由を「韓国の刊行物倫理委員会の審議基準をはじめ、国内のさまざまな条件がPLAY BOYが追求する“PLAY BOYコンテンツ”制作の制約になってしまった」と説明している。

実際に韓国版『PLAY BOY』については、物議が少なくなかった。

例えば、今年1月末には韓国教会言論会が「成人刊行物である『PLAY BOY』誌は、青少年の有害刊行物ではないか?」という論評を発表したこともあった。

韓国でも雑誌業界が不況になって久しいが、満を持して創刊されたはずの『PLAY BOY』韓国版の休刊は衝撃を持って伝えられており、その他の雑誌への影響も気になってくる。

他の男性誌への影響は?

例えば、韓国ではよく話題になる人気男性誌『MAXIM KOREA』だ。


(写真協力=MAXIM KOREA)


韓国で絶大な支持を受ける篠崎愛グラビアが話題になった2016年2月号が完売するなど、今でも人気を博しているが、『MAXIM KOREA』も美女グラビアがひとつの武器になっているだけに、『PLAY BOY』韓国版の休刊が何らかの影響を与える可能性もあるかもしれない。

『MAXIM KOREA』は、2017年9月号でK-POPグループに所属する日本人メンバーRUI(本名:渡辺るい)が、2015年9月号でも女優・藤井美菜が表紙に登場するなど、何気に日本とのかかわりも少なくないだけに、雑誌作りに携わる者としては何かと気になるところだ。

男性誌だけでなく、ヘルス雑誌への影響も考えられる。

「ビキニカレンダー」など“攻めの仕掛け”も

韓国国防部の定期刊行物に指定され、軍人たちに配布されているヘルス専門誌『MAXQ』などは、2017年12月号に“とある付録”をつけて完売している。

その付録とは、『PLAY BOY』のプレイメイト1号を務めた前出のイ・ヨンファなどが撮影された、「ビキニカレンダー」だ。


(写真提供=(株)SPOMAX(MUSCLE MANIA KOREA))


日本同様に韓国でも雑誌に付録がつくことは珍しいことではないが、このときの『MAX Q』は飛ぶように売れ、それが多くのネット媒体で記事になったほどでもあった。

「2017年12月号には壁掛けと卓上の2種類のカレンダーを付録にしてネット書店限定で販売したのですが、どこの大手ネット書店でも予定数をすべて売り切りました」と語っていたのは、『MAXQ』のチェ・テウォン編集長。

ただ、そういった“攻めの仕掛け”も韓国国内の基準が厳しくなってくると、出版社側が忖度するということも十分に考えられる。

いずれにしても、創刊から8カ月で休刊となってしまった『PLAY BOY』韓国版。今後は“ネット版”を通じて、読者に情報を与えていくというが、影響力の低下は免れないだろう。

(文=慎 武宏)