米エンターテインメント業界誌バラエティや、米ウォールストリート・ジャーナルによると、米アップルはこのほど、音楽配信サービス「Apple Music」などのコンテンツ事業を統括する幹部を新たに任命した。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

狙いはサービス事業の強化

 その人物とは、オリバー・シュサー氏。同氏は、Apple Musicの世界事業とインターナショナルコンテンツ担当のバイスプレジデントとして、インターネットソフトウエア&サービス担当シニアバイスプレジデントであるエディー・キュー氏の直属となる。

 シュサー氏はこれまで、欧州の音楽・コンテンツサービス事業を統括してきた。今は、英国ロンドンに住んでいるが、今後は、米カリフォルニア州に移り住み、同州クパチーノにあるアップル本社と、同州カルバーシティーにある同社オフィスで、仕事をするという。

 これについて、ウォールストリート・ジャーナルは、「iPhoneの販売台数が、かつてほど伸びなくなってきた今、アップルはサービス事業の強化を図っており、今回の人事異動はその一環ではないか」と伝えている。

 アップルのサービス事業には、Apple Musicのほかに、「iTunes」「App Store」「iTunes Movies」などがあるが、2017年9月末までの2017会計年度における、その売上高は299億8000万ドルだった。サービス事業は、パソコンのMacやiPadのそれを上回り、iPhoneに次ぐ大きな事業へと成長している。ウォールストリート・ジャーナルによると、アップルはこの事業を2020年までに、400億ドル以上の規模に拡大したい考え。

Apple Music vs. Spotify

 シニアバイスプレジデントのエディー・キュー氏は、シュサー氏の新たな役職と併せて、Apple Musicの有料会員数が、4000万人を超えたことも明らかにした。バラエティやウォールストリート・ジャーナルの記事によると、Apple Musicには、このほかに、無料トライアル利用中の人が、800万人いる。

 一方で、Apple MusicのライバルであるSpotifyの今年3月時点の有料会員数は約7100万人。この人数には、公表されない無料トライアル会員も含まれている。バラエティによると、Apple Musicの有料会員数は、毎月5%の伸びで増大している。これに対しSpotifyの伸び率は2%程度。Apple Musicは、世界最大手のSpotifyを追い抜く勢いで伸びているという。

シュサー氏の経歴や勤務地が示唆するもの

 米経済専門テレビ局CNBCは、シュサー氏の新たな勤務地の1つに、アップルの新戦略を知るヒントがあると伝えている。

 カリフォルニア州カルバーシティーは、テレビ番組や映画のスタジオが多くある都市。昨年10月には、米アマゾン・ドットコムが、オリジナル番組制作部門「Amazon Studios」の規模を拡大し、拠点をここに移すと発表した。

(参考・関連記事)「アマゾンとグーグルが映像配信事業をテコ入れ」

 CNBCは、シュサー氏の経歴にも注目している。先ごろ、音楽認識アプリ「Shazam(シャザム)」を手がける英シャザム・エンターテインメントをアップルが買収すると、伝えられた。CNBCによると、シュサー氏はその買収交渉で重要な役割を果たした人物。また、同氏はこれまで、レコード会社や映画スタジオ、出版社との交渉も担当してきた。

(参考・関連記事)「Apple Musicをテコ入れか、音楽認識の英社を買収」

 アップルには、音楽サービスのほか、映像配信端末「Apple TV」や、AI(人工知能)アシスタントサービス「Siri」、AIスピーカー「HomePod」などがある。しかし、これらデジタルコンテンツに関連する製品やサービスには、ミッシングリンク(つながりが分断されている部分)があると、CNBCは指摘。シュサー氏は、それを埋める役割を担うのではないかと、伝えている。

(参考・関連記事)「アップル、オリジナル番組の制作で10億ドルの予算」

筆者:小久保 重信