筍(タケノコ)。タケの地下茎から生じた若芽・写真のような太いものはモウソウチク。


 筍(タケノコ)の旬は春。青果店では、段ボール箱にどっさり入った生の太いタケノコが売られている。茹でてあく抜きして短冊切りにし、菜の花とともにさっと煮たり、お米と混ぜて炊いたり。だしが染み通る一方で、歯応えはしゃきっ。春を感じる人もいるだろう。

 日本人の食におけるタケノコも、日本の風景におけるタケも、当然の存在であるように感じられる。だが、日本で主流のタケの種は、江戸時代に大陸からやってきた外来種。食材としてのタケノコが全国的に広がったのも、江戸時代以降。ずっと古くから日本人とタケやタケノコは親密な関係にあったわけではないのだ。

 近年では「竹林放置」の問題も叫ばれている。現代のタケは、タケノコという美味をもたらす恵の源であるとともに、周りの木々を侵す環境問題の源でもある。二面性を持たされているのだ。

 今回は、タケノコを主な題材に、日本人とタケの関係を眺めてみることにした。前篇では、日本に「タケノコを食べる」ということがどう普及していったのかを追っていく。江戸期のモウソウチクの輸入は大きな契機であり、食の恩恵と自然環境の問題の両方をもたらしたのである。

 では、放置竹林による山林荒廃の問題に対して、打つ手はないだろうか。後篇では、国産「乾タケノコ」という新しい産業の可能性に着目してみたい。その第一人者に話を聞いてみよう。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

記紀の時代から食べられていた

「竹(たけ)」の語源ははっきりしないが、成長するタケノコの勢いのよさを表す「猛(たけ)る」の語と関係があるともされる。タケの特徴はタケノコにありといったところか。

「タケノコ」には「筍」「竹の子」「笋」などの字が当てられる。「旬」には「上旬、中旬、下旬」と表現されるように「10日」の意味があるが、これに竹かんむりがついて「筍」。つまり「10日もすればタケになる」といった意味が「筍」にはあるという。

 記紀の時代から、日本にはタケやタケノコはあった。神代の物語が書かれた『古事記』には、伊耶那岐命(いざなぎのみこと)が「黄泉の国」の醜女(しこめ)に追われたとき、<右の御美豆良に刺せる湯津津間櫛を引き闕(か)きて投げ捨てたまへば乃ち笋(かたむな)生りき>とある。つまり、右の髪から竹櫛を引き抜いて捨てたところ、土に刺さった櫛からタケノコが生えたというのだ。これを醜女たちが食べている間に伊耶那岐命は逃れられたという。この話でもタケノコの成長の早さが想起される。

江戸中期までに京都または薩摩に渡来

 現在「日本の三大竹」とも呼ばれる種は、モウソウチク(孟宗竹)、真竹(マダケ)、破竹(ハチク)。マダケやハチクは在来種とも外来種ともいわれる。一方、食用タケノコで圧倒的な比率を占めるモウソウチクは、明確に中国原産であり日本には伝来されてきた種といえる。

 そもそも「孟宗竹」という名は中国の人物「孟宗」に由来するもの。孟宗は、孝行に優れた人物たちを称えた「二十四孝」の1人だ。老母が冬の季節にタケノコを食べたいと言ったので、孟宗は竹林に入ったものの、雪の中タケノコは見つからず、天に祈っていたところタケノコが生えてきて、喜び掘って母にすすめることができたという話だ。

芽を出すタケノコ。食べごろは出芽前の土に埋まっているときという。


 江戸時代、モウソウチクは中国大陸から伝わってきた。その由来には2つの説がある。

 1つは京都の乙訓地方(いまの大山崎町、向日市、長岡京市)にちなんだもの。宇治の黄檗山管長が宗教見学で訪れた中国から持ち帰ったモウソウチクを、海印寺の寂照院の主がもらい、1728(享保13)年、寺領内の大見坊に植えたのが始まりとされる。ちなみに、黄檗山を開創した隠元隆蒅(1592-1673)は中国・福建生まれの僧で、寺が建立された1661(寛元元)年より前にモウソウチクをもたらしたという話もあるが、真偽は定かではない。

 乙訓地方を含む京都はタケノコの一大産地となり、得られたタケノコは淀川の水運を使って大坂まで運ばれたという。また、地中のタケノコを探る「サシ」という鉄串や、地中の底からタケノコを掘りだす「ホリ」という鍬も開発された。

 もう1つの説は、琉球(沖縄)を経て、薩摩(鹿児島)に入ってきたというもの。薩摩藩主島津氏の庭園「仙巌園」にある石碑「仙巌別館江南竹記」には、1736(元文元)年3月、島津家第21代当主の浄国公(島津吉貴)が琉球国にこのタケがあるのを聞くと、5月に献上させ、植栽したのが日本へのモウソウチクの渡来の始まりと説明されている。

 日本では、モウソウチクが入る前から、マダケなどのタケノコもわずかに食べられてはいたようだ。だが、その後、モウソウチクが京都あるいは鹿児島にもたらされ、日本のタケノコの圧倒的比率を占めるようになった。京都説と鹿児島説どちらにしても、今の日本人とタケやタケノコの関係を考える上では、大きな出来事だったといえよう。

目黒、荏原、大崎は竹林で覆われていた

 モウソウチクは人の手で全国へ広がっていった。今では信じがたいが、江戸の目黒や荏原あたりでは竹林が広がり、「目黒のタケノコ」と呼ばれるほど有名な産地だったという。

 1929(昭和4)年に出版された『実地目黒式孟宗筍栽培法』(阿部元作著、明文堂刊)には、1789(寛政元)年に山路治郎兵衛氏勝孝という人物が、江戸にモウソウチクを広げたきっかけを記述している。

 山路の本業は回船運送業だが、趣味の園芸にも熱心だった。職業柄、武家への出入りが多く、三田四国町(今の港区芝)にあった島津家の屋敷でモウソウチクの珍しさに触れ、薩摩から数株のモウソウチクの鉢植えを取り寄せ、荏原の自宅近くに植えたという。そして収穫したタケノコを武士たちに売ろうと画策し、ついに嗜好に適すると認められ、神田多町の問屋にタケノコを納め、販路を拡大していったという。山路は「筍翁」という異名を得ることとなった。

 ちなみに、なぜ「荏原のタケノコ」とはならず「目黒のタケノコ」となったか。上記の阿部の言によれば、荏原は家も少なく寂しい土地だったの対し、目黒には不動尊があって賑わっていたため「目黒のタケノコ」が定着したのだという。

 モウソウチクのタケノコは、他のタケの種に比べて美味ともされる。加えて、モウソウチクは芽生えの季節が早いため、初物好きな江戸町民に進んで受け入れられたようだ。

 それから100余年、江戸時代の終わりから明治時代の頃には、荏原や目黒の他、大崎、馬込の一帯は、竹林が見えない場所はないほどにまでモウソウチクが広まっていったという。

 江戸時代には、全国各地でも同様にモウソウチクが人の手により持ち込まれ、植えられ、そして広まっていったのである。

都市では都市化で消滅、山林では放置で拡大

 明治後半以降になると、都市部では人口が増えはじめ、タケノコをもたらした竹林は徐々に影響を受けるようになる。東京では、汽車や工場の煤煙などでタケの葉が変色していった。また1923(大正12)年の関東大震災後は宅地化が進み、モウソウチクの竹林はあっという間に姿を消してしまった。前出の阿部は、<思へば全く一場の春夢のような事実である>と感慨を綴る。

 都市の竹林は一気に縮小してしまった。これには、竹林の“手放しやすさ”も関わっていたのだろう。

 小説家の長塚節は1920(大正9)年に上梓した『竹の栽培と販売法』(高田功編、広文堂書店刊)で、竹林とは<甚だ薄利なる>ものであり、それでいて<栽培の甚だ容易なる>ものでもあると述べている。当時、既にタケの供給量が減少に転じていたのは、<農家の注意をひくことを得ず、遂に粗放的栽培に陥りし結果>とも指摘している。放置していてもモウソウチクは育ち、収穫もある。かといって、手放すのを拒むほどの利益が上がるでもない。都市化する中で、竹林を守る必然性を見いだせなかったのだろう。

 逆に、生えたままのモウソウチクを人間が放置すると、繁殖力の高さから竹林は周囲の植物を侵食し、拡大していく。山林での「放置竹林」問題が生じることになる。

放置により荒れるモウソウチクの林。地下茎が次々と生えていき、その場所を専有するようになる。


 放置竹林の要因の1つとなったのが、昭和時代に入ってからの、輸入タケノコ増加による国産タケノコ栽培の衰退だ。昭和50年代頃まで、台湾産の麻竹(マチク)も輸入されていたが、これは中華料理向けで、国産との「すみ分け」はされていた。

 だが、その後は中国産の水煮缶詰の輸入量が一気に増え、日本のタケノコも価格を下げざるを得なくなり、国内農家にとって栽培の魅力が減ってしまった。さらに、平成になるとタケノコ主産地の九州や四国で台風や異常乾燥などの被害が続き、これらもタケノコ生産の縮小に追い打ちをかけた。

日本人とタケ・タケノコの関係は安定しないまま

 タケは都市部では縮小の一途をたどる一方、山林では放置により拡大の一途をたどっている。そして、全体としては、タケ自体は根を広げて拡大しつづけている一方、タケノコの生産量は1990年代後半以降、低迷しつづけてきた。

 こうもタケとタケノコをめぐる状況はいびつだ。

 長い目で捉えると、日本人とタケやタケノコの関係は、なかなか安定しないまま、江戸時代から現代まで来てしまっているといえるのかもしれない。江戸時代以来の外来種モウソウチクを日本人は十分に管理できないまま、それでも採れたタケノコは美味しく食べ、需要がなくなれば荒れ放題に任せる。そんな状況が見えてくる。

 放置竹林による山林荒廃の問題に対して、打つ手はないだろうか。後篇では、その可能性を探っていくことにしたい。キーワードは「乾タケノコ」「国産メンマ」「有効利用と一石二鳥」だ。

(後篇へ続く)

筆者:漆原 次郎