出産・妊娠のブランクを経て、職場へ復帰するママたち。また、これから出産・妊娠というライフプランニングを考えている女性にとっても、職場復帰にむけては不安は大きいことでしょう。

そこで、今回はママテナ編集部による独自調査を実施(調査方法:インターネット調査 期間:2018年2月23日〜26日 有効回答数169名)。これから働くことを考えているママたちが職場復帰を前にどんな不安を抱いているのか、その中身について調査しました。

働いていないママたちも全員がいずれ働く可能性をイメージ

まず、現在「働いていない」というママたちに、「あなたはこの先働くことを考えていますか?」と質問したところ、「よく考える」が85.7%、「考えたことがある」が14.3%と、全員ママたちがこの先の人生で働く可能性について考えたことがあるということがわかりました。

次に、「働くことに対して不安を抱いたことはありますか?」という質問には、「ある」が89.7%と圧倒的多数。

総務省統計局が発表する「労働力調査」の「女性の年齢階級別就業率の変化」の変遷を時代を追ってみてみると、妊娠・出産によって仕事から離れてしまうママは年々減少傾向にあり、子どもが一定の年齢に達したら再び働き始めるママたちは増えている。女性が再び働きやすい時代になってきたことは明らかだけど、やはり不安は大きいのは、まだまだママたちを受け入れる体制や風土が企業側に出来上がっていないからなのかもしれません。

これから働こうと考えているママたちの不安第1位は

では、働こうと考えているママたちの不安の内容は?

まずは、その結果を見てみましょう。

Q.「具体的には、どんな不安を感じますか? あてはまるものすべてお選びください」(複数回答))

1位 「家庭との両立について 家事や育児と両立できるか」 96.3%

2位 「職場の体制・環境について 子どもの病気による急な休みや学校の行事出席などにも寛容か」 92.6%

3位 「職場のムード・雰囲気について 受け入れてもらえるかどうか」 59.3%

4位 「仕事のスピード感について 周囲についていけるか・スキルについて パソコンのスキルなど今のスキルでついていけるか」 37.0%

5位 「仕事の量について 処理できないほどの仕事量ではないか、処理できるか:」 25.9%

やはりママたちが気になるのは家事や育児との両立のこと。そして、職場の体制や環境のこと。こればかりは、働き始めてみないとわからない点であり、どうしても不安を感じてしまいやすいポイントのようです。

不安を抱いたまま職場に復帰し、やっぱり自分には合わない職場だったり、イメージと違っていたら自信を失ってしまう結果にも。もし不安が大きいのなら、自治体が行うママ再就職の支援事業を利用してみるのもひとつの手段。育児と仕事の両立に関するアドバイスや就職のためのスキルアップ講習会などを開催するほか、自治体によっては職場体験からの再就職を行う企業もあります。

不安になったら諦めず、足を止めずにまずは行動を。応援してくれる人や解決する手段がきっと見つかるはずです。

(文・団子坂ゆみ/考務店)