FXや株で全勝することは難しい。だが負けにくくなることは可能だ(写真:tomos / PIXTA)

ドル高円安のシナリオに黄信号が灯り、米国市場はなかなか荒っぽい展開が続く。そんななか、カリスマ投資家の内田衛氏は3月末から4月上旬にかけてどんな取引をしていのだろうか。意外にも株主総会に出つつ、オプション取引やFXも手掛けていたようだ。いつものように「株日記」で振り返って見よう。

「株主優待銘柄戦略」徹底!東京テアトルを買ってみた

【3月26日 月曜日】9時(寄付き)、株主優待目的で、東京テアトル(9633)を1400円(前日比4円安)で500株買う。2016年11月22日に180円で1万5000株(10株を1株に併合前)売っており、ようやく下がってきたし、3月期末銘柄なので明日、優待と配当の権利が取れるので、また買ってみた。


この連載の一覧はコチラ

当時は、アニメ『この世界の片隅に』の大ヒットで株価が急騰したので、ひとまず保有株を全部売り、利益を確定していた。先月の6日にも1450円で500株買っている。14時44分、芝浦メカトロニクス(6590)を445円で1000株買う。日経平均は、前日比194円安で始まり、9時20分、270円安の2万0347円の安値を付けたが、大引けにかけて値を戻し、終わってみれば148円高の2万0766円の高値引け。高安418円の乱高下相場となった。引け後、今日買った芝浦メカトロニクスから、タイミングよく業績予想および配当予想の修正に関するお知らせがあった。当期純利益は、14億円(1株当たり28.65円)から16億5000万円(1株当たり34.55円)に上方修正され、年間配当は、1円増配の8円(配当性向25%目標)となるようだ。

【3月27日 火曜日】3月期末権利付最終売買日。日経225先物は、200円高の2万0680円、NYダウは、669ドル高の2万4202ドルと大幅高で、9年ぶり過去3番目の上昇幅。5時50分、1ドル105.40円と円安進む。北朝鮮の金正恩氏、中国を電撃訪問と報道。13時15分、優待目的で、エー・ピーカンパニー(3175)を820円で100株買う。昨日買った、芝浦メカトロニクスは33円高の481円と高値引け。日経平均は、551円高の2万1317円と大幅高。21時09分、1ドル=105.80円で10万ドル売り、10万1010円(内1010円はスワップ金利の受け取り)の利益確定。買いは、3月23日に104.80円で。

【3月28日 水曜日】日経225先物は、400円安の2万0710円、NYダウは、344ドル安の2万3857ドル。5時54分、1ドル105.34円。今日は、3月権利落ち日で、配当落ち分は、日経平均で約160円分あるそうだ。9時57分、2万0776円まで下げる場面があったが、大引けでは286円安の2万1031円と下げ渋る。保有銘柄での3月分配当金は、税引き後で79万7875円になりそうだ。

藤田観光(9722)の株主総会出席のため、椿山荘へ行く。有楽町線の江戸川橋駅を降りて、神田川沿いを約10分歩くと椿山荘へ着くのだが、いつもは、神田川沿いの桜は3分咲き程度でまだ花見にはちょっと早いかなというのに、今年は満開の桜を見ることができた。


満開の桜。今年は早すぎたけど、やっぱりきれいだ(筆者撮影)

2017年の訪日外国人は、2869万人と前期比19.3%増となり、2020年の政府目標4000万人に向けて順調に推移することが見込まれている。藤田観光グループでの訪日外国人延べ宿泊数は前期比22.5%増の174万人となり宿泊者数の約4割を占めているそうだ。おみやげは、「天のはる菓」というミルク餡の焼き菓子。藤田観光の本日終値は、50円高の3145円。

すかいらーくの総会はおみやげなしでも1000人以上出席

【3月29日 木曜日】午前2時46分、1ドル=106.825円で10万ドル売り、10万7540円(内スワップ金利5040円)の利益確定。3月16日に105.80円で買った額から1円円安の106.80円で指値注文を出しておいたのだが、0.025円円安に約定していた(10万ドルで2500円)。

日経225先物は、230円高の2万1260円、NYダウは、9ドル安の2万3848ドル。

すかいらーく(3197)の株主総会出席のため、西新宿の京王プラザホテルへ行く。総会出席は、再上場した時の最初の総会の2015年3月以来、2回目の出席。株主優待を3倍に変更してから株主数も3倍(2016年12月、11万5860人、2017年12月、36万9954人)になっている。2017年新店97店で、3160店舗、業態20、従業員約10万人、年間4億人の来客という規模になっている。配当性向は40%で、今期予想は、年38円。

おみやげがないにもかかわらず、総会出席者は、ザッと1000人以上で、30代前後の若い方や女性も多かった。大手外食産業ということで、期待の高さがうかがえた。2018年7月1日より「すかいらーく」から「すかいらーくホールディングス」へ商号変更される。12時03分、総会終了。すかいらーくの終値は、1円安の1523円。日経平均は、127円高の2万1159円。

【3月30日 金曜日】日経225先物は、240円高の2万1450円、NYダウは、254ドル高の2万4103ドル。日経平均は、295円安の2万1454円。またまた、総務省から、ふるさと納税の返礼品についてのお達しがあった。その内容は、4月1日から返礼品は、地場産のものでということ。ふるさと納税に積極的な自治体の返礼品で、地元の道の駅で扱っている地場以外のものまで拡大解釈して返礼品にしている自治体もあって、私も気になっていた点だったので、このお達しについては、個人的に納得感はある。

【3月31日 土曜日】日経225先物は、20円高の2万1460円、NY市場は、休場。1ドル106.27円、1ユーロは、130.95円。

【4月2日 月曜日】新年度相場入り。3月日銀短観、景況感2年ぶり悪化、大企業製造業DIプラス24。優待保有銘柄のビックカメラ子会社の日本BS放送(9414)が、業績上方修正で73円高(5.79%)の1333円と大幅高。日経平均は、65円安の2万1388円。

【4月3日 火曜日】日経225先物は、390円安の2万1040円、NYダウは、458ドル安の2万3644ドルと大幅安。中国の報復関税発動により、貿易戦争激化懸念とハイテク株が下げ主導。

9時02分、くりっく365(FX)で、1ドル105.75円で10万ドル買い。13時56分、優待目的の吉野家ホールディングス(9861)が、21円高の2154円の年初来高値をつけた。最近、吉野家株が堅調な理由が、日経新聞を読んでいてわかった。4月から牛肉にかかっていた関税が、セーフガード解除で下がるというのが、買われていた理由だったのではないか。牛肉価格と為替が変わらなければ、上乗せされていた関税分、原材料費が安くなって利益が増えると予想できるからだ。

マネックスグループ(8698)が、仮想通貨取引所のコインチェックを子会社化と報道で、80円(23.26%)ストップ高の424円。値上がり率1位、出来高6520万9100株で2位。

日経平均は、96円安の2万1292円。

【4月4日 水曜日】日経225先物は、170円高の2万1490円、NYダウは389ドル高の2万4033ドル。高利回り分配金目的保有のトーセイ・リート投資法人(3451)が、600円高の11万2600円と年初来高値更新。中国は、大豆、自動車など106品目に25%の報復関税と報道。

オプション、FXで7戦全勝! 勝ち続けるコツとは?

【4月5日 木曜日】午前4時39分、1ドル=106.80円で10万ドル売り、10万5630円(内630円はスワップ金利受け取り)の利益確定。朝7時まで(あと2時間21分)売らなければ、3日分のスワップ金利1990円がもらえたのだが、10万ドルの2銭で、2000円なので、売れるときに売っておくことを優先した。日経225先物は、190円高の2万1530円、NYダウは230ドル高の2万4264ドル。電子、電機、機械を扱う独立系技術商社のサンワテクノス(8137)の公募売り出し(PO)に大和証券で1000株申し込んだ。本日の終値は、19円安の1584円。日経平均は、325円高の2万1645円。

【4月6日 金曜日】日経225先物は、210円高の2万1860円、NYダウは240ドル高の2万4505ドル。マネックスグループが、コインチェックを完全子会社化(36億円で全株式取得)との報道で、80円ストップ高の480円。コインチェックの顧客は、マネックスによって信用が担保されてよかったのではないかと思う。しかし、ビットコイン価格は、ピークの3分の1の70万円台となり、下げトレンド継続中で、個人的には仮想通貨ブームは終わったと見ているので、マネックスは、今から買収して成功できるのか、これからの推移をウォッチしていきたい。ちなみに、岡三オンライン証券の今日送られてきたメールマガジンには、勝っている人の売っている銘柄第1位は、マネックスグループとなっていた。日経平均は、77円安の2万1567円。

【4月7日 土曜日】日経225先物は、230円安の2万1410円、NYダウは、572ドル安の2万3932ドル。1ドル=106.94円、1ユーロ131.33円。

最近、NYダウも日経平均もボラティリティー(変動率)が大きくなってきた。うまくやれれば短期で儲けることもできそうだが、米国のドナルド・トランプ大統領の発言次第というところもあって、相場に振り回されないようにだけはしたい。2月には、約10年ぶりに取引した日経225オプションは、4戦4勝、5年ぶりに取引したFXは、3戦3勝と今のところ負けなしの7勝だ。

いつも勝てるわけではないが、私が思うところの勝率の高いコツは、安易に売買せず、本当にチャンスだと思ったときだけ(自分の勝ちパターンとなったときだけ)売買すること。それなので、私の場合、売買回数はかなり少ない。自分の身の丈に合った投資をすること(資金量と比べて大きくポジションを取りすぎない)。自分で決めた売買ルールを守ることなどが大事だと思います。