画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Tecmint.comは4月10日(米国時間)、「Agedu - A Useful Tool for Tracking Down Wasted Disk Space in Linux」において、ディスクの使用量を調査しHTMLで報告するツール「Agedu」の使い方を伝えた。Ageduは特定のディレクトリ以下のディスク使用量を調査し、その結果をWebブラウザから閲覧できるようにする。

Ageduの主なインストール方法は次のとおり。

○aptでAgeduをインストール

sudo apt-get install agedu

○yumでAgeduをインストール

yum install epel-release

yum install agedu

○macOS HomebrewでAgeduをインストール

brew install agedu

○FreeBSDでAgeduをインストール

sudo pkg install agedu

Ageduは次のように-sを指定した状態でディレクトリを指定し、ディスク使用量を調査する。

○Ageduでディスク使用量を調査

# agedu -s /Users/daichi

Built pathname index, 310032 entries, 27764717 bytes of index

Faking directory atimes

Building index

Final index file size = 87152096 bytes

#

Ageduは次のように-wを指定して実行すると、簡易Webサーバとして動作する。表示されているユーザー名とパスワードで表示されているURLにアクセスすることで、調査結果を閲覧できる。

○報告書を見るためのWebサーバを起動

# agedu -w

Using HTTP Basic authentication

Username: agedu

Password: 5dddqqnjfmxaz5um

URL: http://localhost:59685/

Ageduの処理をcrontabに登録するなどすれば、定期的にディスク使用量データを更新することが可能。UNIX系のオペレーティングシステムには、似たような処理をするコマンドとしてduコマンドがある。Ageduを使うと、duコマンドの表示するような使用量データをグラフィカルなHTMLとして閲覧することができる。