鈴木愛、日本人2人目の偉業に挑む(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<KKT杯バンテリンレディス 事前情報◇12日◇熊本空港カントリークラブ (6,428ヤード・パー72)>
「Tポイントレディス」、そして先週の「スタジオアリス女子オープン」と日本ツアー2連勝中の鈴木愛。13日(金)から始まる「KKT杯バンテリンレディス」で、日本人では福嶋晃子以来2人目となる、日本ツアー3試合連続優勝に挑む。
【写真】プロアマ戦でくまモン発見
ツアー制施行後の日本ツアー連続優勝の最多記録はアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)の5試合連続。これは日米共催大会「ミズノクラシック」での2002年〜05年の4連覇と、03年の「ニチレイカップ ワールドレディス」での優勝によるもの。続く2位タイが福嶋とリサロッテ・ノイマン(スウェーデン)、全美貞(韓国)の3試合。そのうち、日本ツアーを主戦場としているのは福嶋と全の2人である。
そんな大記録への挑戦を前に、名手・鈴木はお悩み中。「パターがどれもしっくりきてません。ピンタイプ、マレットタイプ両方試したり、握り方も順手、クロスハンドとやりましたがどうも…。また明日の朝に試して、いいものをやりたい」とハマるものがない。とはいえ、今季2勝ともパットがしっくりきていたかといえばそうではなく、「今年はいい感じでできたことはないですね。しっくりくれば入るわけではなく、悪くても入るときは入る。ただ、自分のフィーリングは取り戻しておきたい」と深みに嵌っているわけではない。
「今季は流れがいいので、ここで流れを切らさずにいきたい」。偉業達成へ。まずは一ノ瀬優希、菊地絵理香と回る初日で、パターの感触を掴みたい。(文・秋田義和)
■国内女子ツアー 連続優勝記録
5試合:アニカ・ソレンスタム(2002年「ミズノクラシック」〜2005年「ミズノクラシック」)
3試合:福嶋晃子(1997年「日本女子プロゴルフ選手権コニカ杯」〜1997年「廣済堂レディス」)
3試合:リサロッテ・ノイマン(1997年「TaKaRa WORLD INVITATIONAL」〜1998年「グンゼカップワールドレディス」)
3試合:全美貞(2007年「屋島クイーンズゴルフトーナメント」〜2007年「ヴァーナルレディース」)※3週連続優勝
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【辻にぃ見聞】鈴木愛と葭葉ルミ…2人が表現したストロングポイント+α
【WITB】国内では“無双”の2勝目も反省しきり 鈴木愛の優勝ギア
【写真】アン・シネがセクシーミニスカでトークショー!
石川遼が出場 東建ホームメイトカップ初日の結果
畑岡奈紗ら出場 ロッテ選手権初日の結果