社会保障改革、今後3年で方向性の検討を=安倍首相

写真拡大

[東京 12日 ロイター] - 安倍晋三首相は12日午後、官邸で開かれた経済・財政諮問会議で挨拶し、社会保障改革の方向性を今後3年程度で検討する考えを示した。

安倍首相は社会保障について「歳出の水準も含めしっかり検討する。その際、団塊の世代が75歳に入り始める2022年以降の構造変化を踏まえる必要がある」と述べた。

(竹本能文※)