アラフォーになると、今まで着ていたアイテムが似合わなくなることも……。アラサーとアラフォーの女性が素敵に見えるデザインは違います。

写真拡大 (全5枚)

アラフォー女性必見、そのきれいめモテコーデはもはやNGかも?

「きれいめコーデ」「モテコーデ」というと女性らしく、少し甘めでコンサバなイメージが思い浮かびそうなものですが、そんなコーデは、アラフォー世代ではもうNGかも……!?

きれいめモテコーデと言われている定番の合わせ方も、年齢によって似合わなくなったり、上品さを意識したつもりがミセス感が強まる場合が多々あります。

そしてそこには、「今っぽいオシャレさ」を取り入れるのも重要ポイント。これってまだ着て良いのかな? と迷う方に、アラフォー女性がやって良いコーデ、やってはいけないコーデについてお伝えします!

上品コンサバを狙ったツインニット&フレアスカートはミセス感が強まるのでNG

今アラフォー世代の女性が20代の時は、コンサバアイテムの代表格だったツインニット。このカーデ&ニットのセットにミモレ丈のスカートを合わせたコーデは上品で間違いないコーデに思えますよね。

ですが、ツインニットがフレッシュで素敵に見えるのは若い女性が着るからこそ。このコーデはアラフォーになると逆にハマりすぎてしまい、ミセス感たっぷりに……。

今はツインニットの代わりにカーディガンをトップスのように一枚で着る着こなしがオススメ。首元の開きが気になるようならインナーに白カットソーを重ねて、色をチラ見せしてもアクセントになります。

一見華やかな柄物の春ワンピはこってりし過ぎてトゥーマッチ

お気に入りブランドの一枚など、女性なら誰もが大切にしている勝負ワンピースがあるのではないでしょうか?

でも一つ気を付けたいのが、春夏に人気のフラワー柄など大きな柄物のワンピースは、大人の女性を老けて見せるということ。特に今は抜け感が重視されているので、傍から見るとちょっとこってり、トゥーマッチな雰囲気になってしまいます。

アラフォー女性のワンピースは膝が隠れる丈&シンプルなデザインがベスト。甘いテイストがお好きなら、色はピンクでもデザインは辛口、などバランスを調整するのがポイント。

柄物を着たい場合は、アウターやシューズなど他アイテムと馴染む細かい柄を選ぶのが鉄則です。ベルトなどが付いた、ウエストを見せてメリハリがつけられるデザインは特にオススメ。

安心のネイビーワンピもひと昔前のデザインだと逆効果……

ネイビーはきちんと感もありつつ女性らしい上品さもあり、オケージョン着としてもよく選ばれるカラー。特にワンピースで一着あると安心……と思われがちですが、ベーシックなネイビーはデザインをぐっと引き立てる色。ひと昔前のデザインではアラフォー女性には似合わない場合も多くあるんです。

大人の女性がネイビーのワンピースを選ぶときに守りたいポイントは、以下の3点!

・膝が隠れる丈

・少し厚みがあり肉感を拾わない生地

・ゆるすぎずフィットし過ぎず、体型に合うシルエット

数年前に購入したネイビーのワンピがある!という場合は、一度この3点をチェックしてみて下さい。もしくは単品アイテムでコーデすると、ネイビーの持つ清楚さを生かしつつ抜け感も作れ、簡単に今っぽく仕上がります。

ネイビーアイテムは、プチプラでも常に豊富なので手が出しやすいはず! 手持ちの白シャツと合わせれば、昔のネイビーワンピを引っ張り出すよりきれいめなモテコーデが簡単に作れます。

ギャザーが目立つ白フレアスカートでは下半身のどっしり感がUP

何にでも合わせられる白のフレアスカートも、腰回りにギャザーが入っていたら要注意。年齢を重ねるにつれ、腰回りにはどうしても厚みが出てきます。そのためサイズ的には着られたとしても、人から見るとどっしり感が目に付くこともあるんです。

白スカートを選ぶ場合は、基本的に辛口のデザインで、厚みやハリ感のある素材、腰回りがフィットする、もしくは長めのタイトスカートがオススメです。また、チュールやシフォンなど透け感のある白スカートも春らしいですが、残念ながら大人の肌質とはミスマッチ……。これらはトップスで取り入れるほうがオススメです。

アラフォー女性に似合って、素敵に見せるコーデのコツは意外に簡単。ぜひ取り入れてみて下さいね! 以上「アラフォーでは痛々しい⁉ NGなきれいめコーデ」でした。
(文:横瀬 真知子)