画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●1Gbpsも目前に

NTTドコモは4月11日、LTEネットワークの高速化や5Gのネットワーク運用の方向性、現在実証実験中のマンホール型基地局のメリットなどを解説した。

○LTEのさらなる高速化で1Gbpsも目前に

まずは現在の主力であるLTE-Advancedから2020年度に控える5G化を見据えたネットワークの高度化について説明が行われた。同社の「PREMIUM 4G」は現在最大で下り788Mbps、上り50Mbpsになっているが、2018年度は、夏に下り988Mbpsの実現を予定。2018年度以降には最大1Gbps超の通信を計画しているという。また今年夏に上り75Mbps、2018年度以降で上り100Mbps超が計画されている。なお、高速化は今後販売される対応端末でのみ利用できる。

5Gについては現在のLTEの帯域に加え、「サブ6」と呼ばれる6GHz未満の帯域、具体的には3.7GHz帯と4.5GHz帯、それに6GHz以上の帯域として28GHz帯を利用する計画だ。このうちサブ6はやや広いエリアを、28GHz帯は非常に短い距離しか飛ばないため、スポット的にトラフィックの高いエリアで利用するという。LTEの帯域は制御信号などに使用するとのことだ。

また、5Gの基地局は既存LTE基地局のソフトウェアアップデートや一部機器交換で対応し、将来的に5G単独の基地局と次世代交換機の組み合わせで運用するとのこと。4G LTEが主流になっても3Gの基地局がまだまだたくさん残っているように、5Gになっても当面は4Gとの共存ということになるようだ。

○マンホール型の新型基地局を披露

こうした基地局の運営に関し、現在は数km程度の大きなエリアをカバーする通常基地局に加え、数百メートル程度の狭いエリアをカバーするスモールセル基地局をそのエリア内に複数設置して、特にトラフィックの高いエリアを重点的にカバーする方針がとられている。この際、スモールセル基地局はビルの屋上や壁面に設置されるのだが、ビルの外観を損ねたり、清掃や点検の際に邪魔になるなど、年々設置が難しくなっているという状況がある。

●マンホール型の新型基地局

そこで現在NTTドコモが開発中なのが、マンホール型の基地局だ。地面に70cmほどの穴を掘り、そこに小型の基地局を設置するというものだ。海外ではスイステレコムに採用事例があるというが、日本では初となる。3月から札幌で実証実験が行われており、スモールセル基地局と同等の半径90m程度をカバーし、積雪45cmの雪の下からも問題なく通信できることが確認されたという。

マンホールの蓋にあたる部分はFRP製で、通常の黒い見かけだけでなく、レンガや石畳といった模様を施すこともできる。耐荷重量は25tと、マンホールの蓋でも最上級のものと同等の性能があるとのこと。ただし上に自動車が停まったりすると、電波が遮られて通信しにくくなるため、実際の運用では車道ではなく歩道に設置することになるという。

また既存のマンホールを活用するのではなく、新規に穴を掘って基地局を設置することになるとのことで、トータルでの費用は1箇所あたり1000万円弱になるという。これでも通常基地局を設置するよりは大幅に安い(スモールセル基地局よりは高い)。

駅前などのトラフィックが集中するエリアや、公園やテーマパークといった無電柱エリア、歴史的な街並みで基地局を目立たせにくい場所などでの活用が期待される。マンホール型基地局はこのあと、沖縄と東京での実証実験を経て2018年度内に導入される見込み。将来的には5Gの基盤としても活用される予定だ。

3大キャリアを取り巻く情勢は大きく変化しているが、やはり携帯電話会社としては、基盤となるネットワーク設備こそが重要な財産であり、会社の実力を示すバロメーターでもある。NTTドコモのネットワーク計画はここ数年、計画通りか、若干前倒しで実現するほど順調に推移しており、5Gに向けて着実に歩を進めていることが伺える。特にマンホール型基地局は、設置エリアの自由度が高まり、比較的低コストで密なネットワークを実現できる手段として今後、大きな威力を発揮することになりそうだ。