「一人暮らしを始める学生や社会人の来店が目立ちます」と担当者の木原航平さんは話す=大阪市北区のヨドバシカメラマルチメディア梅田

写真拡大

 健康ブームに乗って、体重だけでなく、筋肉量や内臓脂肪が分析できる体組成計が進化しています。

 スマートフォンで、運動の成果を手軽に確認できる商品が主流になっています。

 新生活が始まる春は、体組成計が売れる季節だ。ヨドバシカメラマルチメディア梅田(大阪市)でも3月ごろから、販売数が増えるという。

 売り場担当の木原航平さん(26)は「中高年にもスマホが身近になり、手軽な健康管理手段として定着しつつある」と話す。専用のアプリをダウンロードすれば、測定結果の推移がグラフで確認できる商品が最近の売れ筋だ。

 体組成計は、体重に加えて、体の電気抵抗などをもとに、体脂肪率や水分量、腕や足の筋肉量などを算出する機器。家庭用は大手メーカーが、2000年ごろから販売し始めた。

 最近は、新しい機能が加わった高額商品も出ている。タニタ(東京)の「インナースキャンデュアル」の市場想定価格は5万4千円。体重は50グラム単位で測定でき筋肉量や体脂肪率は、左右の腕と足、胴体ごとに表示される。筋トレを習慣にしている人や、筋肉量の低下を心配する中高年層に購入者が多いという。

 逆に、体重やBMI(体格指数)などが測れるだけのシンプルで、3千〜4千円ほどの商品の人気も根強い。梅田ロフト(大阪市)には、柄が描かれているものや、全面が淡いピンク色のものなどが並ぶ。「インテリアとしても置ける」(広報担当者)ものが人気だ。

 調査会社のGfKジャパンによると、17年の家電量販店における体組成計の平均単価は4年前より14%高くなった。全体で見れば、高額商品にシフトしている。(神山純一)

■乗るだけ、4秒で計測

 オムロンの「HBF―255T」は、電源をいれなくても乗ればセンサーが人を感知し、4秒で測定できる。初回のデータを登録すれば、自動で個人を推定し、体脂肪率などを測定する。スマホの専用アプリからは、過去のデータを数字やグラフで見られる。市場想定価格1万5984円。

■あなたの「美脚度」評価

 タニタの「La Muse BC―800」は、両足の筋肉量と脂肪の割合から「美脚度」を評価し、0〜100点で示す。全身の皮下脂肪率も5段階で表示。体形維持をめざす人向けの商品だ。電極の素材には樹脂を使い、冷たさを減らした。タニタオンラインショップのみで販売で、1万800円。

■内臓脂肪量30段階で

 エレコムの「HCS―RFS01」は、腹部全体への内臓脂肪のつき具合を、30段階で評価する。体重と電気抵抗から、内臓脂肪の量を推計するプログラムの精度を高めた。基礎代謝量も測定でき、肥満が気になる人が健康管理に使う商品を目指した。標準価格6772円。

■キラキラマーク 減量応援

 パナソニックの「EW―FA23」は、体の左右のバランス状況を年齢で表示してくれる。前回よりも300g以上減れば、液晶画面上にキラキラマークがあらわれる。設定した目標まであとどれだけ減量が必要かも表示。体重を量るのが楽しみになる。市場想定価格6千円。

     ◇

大手メーカーの主な商品から選びました。価格は税込み

■体組成計の売れ筋ランキング

(1)オムロン    HBF―228T  1万770円

(2)タニタ     RD―800   4万3610円

(3)タニタ     RD―907   1万8980円

(4)オムロン    HBF―255T 1万5940円

(5)タニタ     BC―315     6080円

(6)タニタ     RD―906   1万3880円

(7)パナソニック  EW―FA23     3280円

(8)エレコム    HCS―RFS01   3950円

(9)タニタ     RD―503   1万2010円

(10)ノキアテクノロジーズ WBS05  1万2050円

※ヨドバシカメラマルチメディア梅田の2月の売上高、価格は店頭価格で税込み(きりとりトレンド)