ヤナセが設けたクラシックカーセンター=横浜市都筑区

写真拡大

 輸入車の販売大手ヤナセが、往年の名車を預かって修復する拠点「ヤナセクラシックカーセンター」を横浜市都筑区に設けた。

 ヤナセは1915年の創業以降、独メルセデス・ベンツや米キャデラックといったさまざまな輸入車を扱っている。顧客向けに行ってきた修復のノウハウを生かし、自社の販売店では扱っていない車も含めて幅広く相談に応じる。

 クラシックカーは米国や欧州では根強い人気があり国内にも愛好家は多い。新設のセンターには既に、メルセデス・ベンツ300SEロング(1963年式)や同600プルマン(1959年式)といった名車が数台届いている。

 クラシックカー愛好家の要望はさまざまだ。ボルトの1本までオリジナル部品にこだわる人もいる。「クラシックカーに精通した部品メーカーなどと取引がある。部品の調達力も強み」(子会社ヤナセオートシステムズの梶浦誠治専務)という。

 修復の依頼はホームページ(http://yanase-classic.com)へ。